編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

HPE、ハイブリッドネットワークの運用業務を支援する通信事業者向け新製品

NO BUDGET

2016-02-19 07:30

 日本ヒューレット・パッカード(HPE)は2月18日、物理と仮想のネットワークが共存するハイブリッド環境の運用管理を支援する通信事業者向けの新たなソリューション「HPE Service Director」を発表した。2016年前半に全世界で提供を開始する予定。

 HPE Service Directorは、既存製品「HPE NFV Director」の機能を拡張し、物理環境と仮想環境のオーケストレーションをより効率化するもの。通信事業者は、ネットワーク機能仮想化(NFV:Network Functions Virtualization)の導入環境において、物理と仮想の両環境をシームレスに管理でき、運用サポートシステムの自動化を可能にする。

 アシュアランス(サービス保障)やフルフィルメント(サービス展開)の業務をクローズドループで自動化することによって運用を統合する。共通のデータを提供することで、品質や精度、一元的な管理を保証し、包括的なビューを通じて生産性を向上させる。

 また、オープンかつ柔軟なモデリングにより、通信事業者が提供するさまざまなサービスについて、サービス相互の関連性や動作状況を管理できる。これにより、運用のアジリティをさらに高められる。

 基本製品の拡張版として特定の用途に対応し、導入後すぐに運用可能な構成済みのソリューションも提供していく予定。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]