編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ミラクル・リナックス、RHEL 7.2に準拠したLinux OS最新版を提供開始

NO BUDGET

2016-02-19 10:34

 ミラクル・リナックスは2月18日、最新のLinux OS「Asianux Server 7 == MIRACLE LINUX V7 SP1」を提供開始した。

 最新版のAsianux Server 7は、「Red Hat Enterprise Linux(RHEL)7.2」をベースに開発され、「第6世代インテル Core i7 プロセッサ」(開発コード名:Skylake)と「Broadwell-E」の最新CPUに対応したほか、データベース「Oracle Database 12c」の認定を取得している。

 信頼性、安全性、可用性、セキュリティ機能を重視したLinux OSで、企業向けLinuxサーバに加え、車載システムや産業用コンピュータ、各種アプライアンス製品など特定業務用機器への組み込みといった用途にも適している。

 物理環境向けのMIRACLE LINUX Standard Packと、仮想化環境向けのMIRACLE LINUX for VM Standard Packのラインアップを提供するほか、近日中にMicrosoft Azureに対応し、Microsoft Azure Marketplaceにて販売を開始する予定。

 税別価格は、MIRACLE LINUX Standard Packが1年のサポートサービス付きで7万8000円から、MIRACLE LINUX for VM Standard Packが同19万8000円から、特定業務用機器(産業用コンピュータ/アプライアンス)向けLinuxライセンスが10ライセンスで15万円などとなっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]