編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内
海外コメンタリー

AIをより人間らしく、感情識別など進化--IBMが発表した「Watson」の新たなAPI - (page 3)

Conner Forrest (TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2016-03-02 06:30

 またIBMは、同社のSDKに対するちょっとしたアップデートとともに、Watsonアプリの開発を容易にするための「Application Starter Kits」も発表した。開発者で興味のある方は、IBMのBluemix上にあるマーケットプレイス上で、3つのベータ版APIとExpressive TTSを見つけられるはずだ。

 IBMがWatsonプラットフォームをアップデートする速度だけでなく、開発者に向けてよりオープンに、そして利用可能性を広げていく速度には興味深いものがある。同社が未来のAIビジネスアプリのプラットフォームとして、Watsonをデファクトスタンダードにしようとしているのは明白だ。

まとめ

  1. IBMはTone AnalyzerとEmotion Analysis、Visual Recognitionという3つのAPIのベータ版を発表した。これにより開発者には、Watsonアプリを開発するためのより幅広いAI機能がもたらされる。
  2. これらツールはテキストと画像の入力を分析することに特化している。企業はこういった機能を用いて、自らのメッセージに含まれる微妙なニュアンスを確認したり、顧客からのレスポンスやフィードバックからより優れた知見を導き出したり、自らのパラメータに従った画像の追跡や洗い出しができるようになる。
  3. Watsonの新APIはBluemix上で利用可能となっている。またIBMはWatsonプラットフォームをますますオープンなものにし続けてきているようだ。IBMはWatsonを同社の認知コンピューティングプラットフォームの核として位置付けているのかもしれない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]