NTTコムが新「Enterprise Cloud」、専有型クラウドとOpenStack共有型クラウドをSDNで統合

日川佳三 2016年03月01日 17時54分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTコミュニケーションズ(NTTコム)は3月1日、業務システムを稼働させる用途のIaaS型クラウドサービス「Enterprise Cloud」の機能を強化したと発表した。OpenStackベースの共有型仮想サーバを利用できるようにしたほか、専有型サーバではベアメタルサーバやサーバ仮想化基盤(VMware vSphere/Hyper-V)を利用できるようにした。価格は、ベアメタルサーバの場合、2ソケットの汎用用途で1分当たり5.704366円。月額上限料金は23万円。

 NTTコムはこれまで、業務システム用途に信頼性を重視したホスティング型プライベートクラウドEnterprise Cloudと、アプリケーション開発者にとって使いやすいことを狙ったOpenStackベースのパブリッククラウド「クラウド・エヌ(Cloudn)」の2ブランドを提供してきた。今後は、Cloudnのサービスはそのままに、新たにCloudnの機能を取り込む形でEnterprise Cloudを強化している。「(Enterprise Cloudだけで)トラディショナルICTとクラウドネイティブICTを両立する」(NTTコム)ことが狙いだ。

 Enterprise Cloudの強化ではまず、サーバ環境を充実させた。従来はVMware仮想サーバを提供していた。今回の機能強化では、OpenStackベースの仮想サーバ「共有型Cloud」を提供するとともに、VMware vSphereおよびHyper-Vのサーバ仮想化ソフトの実行環境をそのまま提供する「Hosted Private Cloudマルチハイパーバイザー」とベアメタルサーバを提供する「Hosted Private Cloudベアメタルサーバー」をメニューに加えた。


新しい「Enterpeise Cloud」の構成

 Hosted Private Cloudを用意した理由を「オンプレミスのVMware/Hyper-V環境で動作しているシステム資産を、VMwareやHyper-Vの運用体制を壊すことなくそのままクラウドに移行できるようにするため」と説明するのは、NTTコミュニケーションズでクラウドサービス部ホスティングサービス部門長を務める栗原秀樹氏。これまでのEnterprise Cloudでは、ユーザーがVMware vCenterを使ってサーバを管理したり、バックアップサーバを遠隔拠点に作成するといった運用が難しかった。

 同社のSDN(ソフトウェアデファインドネットワーク)技術によって、ホスティング型プライベートクラウドと共有型パブリッククラウドを同一ネットワーク上に共存させることもできるという。ファイアウォール、負荷分散装置、ウェブフロントエンド、アプリケーションサーバ、データベースサーバなどで構成する、社内LANと同様のネットワーク構成をクラウド上に再現できる。

OpenStackをベースに自前機能を拡充、近い将来にコンテナもサービス化


NTTコミュニケーションズ クラウドサービス部ホスティングサービス部門長 栗原秀樹氏

 機能強化したEnterprise Cloudの共有クラウド部分は、OpenStackをベースにサービスのフレームワークを作っている。OpenStackの標準コンポーネントをそのまま使っているものとしては、仮想サーバを起動/停止する「Nova」、仮想サーバイメージを管理する「Glance」、ブロックストレージの「Cinder」、ウェブ管理コンソールの「Horizon」、ユーザ認証/認可の「Keystone」、などがある。

 標準コンポーネントだけでは足りない部分は、自前で開発した。例えば、ベアメタルサーバを制御するコントローラなどだ。OpenStackの標準機能でもNovaとIronicを組み合わせることによってベアメタルサーバを制御できるが、VMware/Hyper-Vを運用する上で足りない部分があったという。ネットワーク機能も、社内LANと同等のネットワーク構成を実現するために、OpenStack Neutronに相当する機能を自前で開発した。

 ただし、自前開発のサービスについては、OpenStackの表記やデータモデルを踏襲するなど、OpenStackのフレームワークや文化を壊さないように留意したという。これにより、OpenStack標準のコンポーネントと自前開発のコンポーネントを、相性良く1つのフレームワークに取り込めているという。

 今後は、SAP HANAの実行環境や企業向けストレージなど、より企業に向いたサービスメニューを拡充していく。コンテナ仮想化環境については現在ベータテスト中であり、「来年にはコンテナが当たり前になる。なるべく早い時期にコンテナのサービスを提供したい」(栗原氏)としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算