米ZDNet編集長Larryの独り言

AWSから距離を置くDropbox--自社ストレージインフラを構築へ

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2016年03月15日 11時04分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Dropboxは自社ストレージサービス向けに独自の内部クラウドを構築する計画だ。Amazon Web Services(AWS)から距離を置く動きとなる。

 Dropboxは公式ブログで、自社のクラウドインフラが必要になるレベルに達したと説明している。同社はブログで、「Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)」を早期から利用しているが、ユーザーと顧客の成長に伴い社内にストレージシステムを構築するとしている。その理由として、自社サービスの性能を向上させる必要性、それに独自のブロックストレージの利用方法を挙げている。

 この動きは、企業向けのプライベートクラウドにおけるスケールの問題を浮き彫りにしている。企業の中にはAWSなどのパブリッククラウド事業者一本にするところもあれば、パブリッククラウドから社内に戻すところもある。たとえばZyngaはクラウドに絞ったのちに、社内データセンターを構築したが、結局再度クラウドに戻すことを発表している。

 Dropboxは自社でストレージインフラを構築した方がクラウドプロバイダーを利用するよりコストの増加を抑えられる点に達したとみているようだ。ポイントは、Dropboxは自分たちでインフラを構築し、立ち上げ、保守してコストを削減しなければならないという点だ。Dropboxがスケールに失敗して効率性を改善できなければ、コストメリットを得られないだろう。

 Dropboxは開発チームを擁しており、エクサバイト級までスケールするストレージ市場を理解していると記している。しかし、Dropboxが追求するのはハイブリッドの道だ。自社のデータセンターに投資し、意味のあるところでAWSとの協業を続けるとしている。

 興味深い動きだが、数年後にどうなっているのかに注目すべきだろう。Dropboxは予想していた通りの経済効果を得られるのだろうか。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算