編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら
米ZDNet編集長Larryの独り言

AWSから距離を置くDropbox--自社ストレージインフラを構築へ

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-03-15 11:04

 Dropboxは自社ストレージサービス向けに独自の内部クラウドを構築する計画だ。Amazon Web Services(AWS)から距離を置く動きとなる。

 Dropboxは公式ブログで、自社のクラウドインフラが必要になるレベルに達したと説明している。同社はブログで、「Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)」を早期から利用しているが、ユーザーと顧客の成長に伴い社内にストレージシステムを構築するとしている。その理由として、自社サービスの性能を向上させる必要性、それに独自のブロックストレージの利用方法を挙げている。

 この動きは、企業向けのプライベートクラウドにおけるスケールの問題を浮き彫りにしている。企業の中にはAWSなどのパブリッククラウド事業者一本にするところもあれば、パブリッククラウドから社内に戻すところもある。たとえばZyngaはクラウドに絞ったのちに、社内データセンターを構築したが、結局再度クラウドに戻すことを発表している。

 Dropboxは自社でストレージインフラを構築した方がクラウドプロバイダーを利用するよりコストの増加を抑えられる点に達したとみているようだ。ポイントは、Dropboxは自分たちでインフラを構築し、立ち上げ、保守してコストを削減しなければならないという点だ。Dropboxがスケールに失敗して効率性を改善できなければ、コストメリットを得られないだろう。

 Dropboxは開発チームを擁しており、エクサバイト級までスケールするストレージ市場を理解していると記している。しかし、Dropboxが追求するのはハイブリッドの道だ。自社のデータセンターに投資し、意味のあるところでAWSとの協業を続けるとしている。

 興味深い動きだが、数年後にどうなっているのかに注目すべきだろう。Dropboxは予想していた通りの経済効果を得られるのだろうか。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]