編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら
調査

アシスト、Ericomに官公庁向けライセンスを追加--標的型攻撃対策を安価に提供

NO BUDGET

2016-04-18 07:30

 アシストは4月14日、デスクトップ仮想化ソフト「Ericom」に官公庁機関向けライセンスを追加した。対象製品は「Ericom Connect」「Ericom AccessNow」「Ericom Blaze」で、対象機関は中央省庁、自治体、公立の教育機関のほか、名称に国公立(都道府県や市区町村の運営)が含まれる組織。

 Ericomは、アシストが2015年10月に発表した標的型攻撃対策「ダブルブラウザ・ソリューション」の基盤として利用されている。

 標的型攻撃被害の増加やマイナンバー制度の施行を受け、総務省の自治体情報セキュリティ対策検討チームでは「自治体情報システム強靭性向上モデル」を発表し、各自治体に対してマイナンバー等の個人情報を徹底して守るべく、ネットワーク分離等の対策実施を求めている。ダブルブラウザ・ソリューションは、こうした要件に対し、ネットワーク分離とウェブ無害化を安価に実現するソリューションとして提供されている。

 Ericomは価格が他社製品よりも半額以下であることに加え、Windows版だけでなくLinux版の仮想ブラウザにも対応し、ダブルブラウザ・ソリューションにおけるトータルの導入コストの大幅な削減を可能にしているとのこと。さらに今回、大規模な官公庁機関でも迅速に導入できるよう、通常ライセンスよりもさらに提供価格を抑えたガバメントライセンスを導入したことで、より一層のコスト削減が図れるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]