編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」
HPE Discover

HPEがコンポーザブルアーキテクチャで先駆けた「Synergy」 - (page 3)

末岡洋子

2016-05-02 07:30

 ハードウェアとしてみると、コンポーザブルコンピュート、コンポーザブルストレージ、コンポーザブルファブリックが入ったコンポーザブルフレームがあり、これに「OneView」を統合し、インテリジェンスが利用するコンポーザーが存在する。コンポーザブルコンピュートは基本的にx86サーバで、コンポーザブルストレージは高密度のストレージでDAS(ダイレクトアタッチトストレージ)として利用できる。

 HPEのソフトウェア定義ストレージ「HPE StoreVirtual」、ハイエンドの「HPE 3PAR」の利用も可能とのこと。コンポーザブルファブリックは、一台のスイッチで最大5台のコンポーザブルフレームをサポートし、トップ・オブ・ラックのスイッチを排除できるという。

HPE Synergyのハードウェアコンポーネント
HPE Synergyのハードウェアコンポーネント

 MacDonald氏はSynergyの技術革新として「Image Streamer」を紹介する。コンポーザーの管理下で、イメージを必要に応じてコンピュートノードに高速ストリームする技術だ。

 実際のフローを見てみよう。コンポーザーは、コンピュート、ストレージ、ファブリックのニーズを定義したテンプレートにより、リソースプールから探してアセンブルする。例えば、ERP環境のテンプレート、モバイルアプリ環境のテンプレートがあり、迅速にそれぞれの環境を配備できる。

 イベントに合わせてモバイルアプリを提供する場合、テンプレートを作成して環境を作成して迅速に実装、イベントが終わりアプリが不要になったらリソースを解放すればいい。新しいクラウドワークロードのテストのためのテンプレートでは、テストの後の運用の段階で実装を増やしたいかもしれない。

 これまでのようにサーバやストレージを個々に設定管理するのではなく、テンプレートを変更して再実装すればよい。上記の処理を高速化してくれるのが、イメージストリーマーだ。

 テンプレートにはライブラリからどのイメージを実装したいのかの情報があり、コンポーザーがリソースをコンポーズし、ストリーマーが特定のサーバのイメージにカスタマイズしてストリームする。新しいイメージは15秒ほどでブート可能な状態になるという。

テンプレートにより柔軟に迅速に環境を構築できる。
テンプレートにより柔軟に迅速に環境を構築できる

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]