編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら
調査

オープンソース人材の需要増、確保は最優先課題--「Open Source Jobs Report」

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2016-05-18 06:30

 最高のIT関連の仕事に就きたいなら、オープンソースソフトウェア関連のスキルを磨くべきだろう。

 大手ITキャリア企業であるDiceLinux Foundationは、2016年版の「Open Source Jobs Report」を公表した。この調査で、採用担当マネージャーの65%が、今後6カ月間で、オープンソース技術者の雇用は他の分野よりも増えると回答したことが明らかになった。また、採用担当マネージャーの79%は、現在雇用しているオープンソース技術者の転職を防ぐために、雇用条件を改善したと述べている。

 その処置は正しい。筆者は今年、多くのテクノロジ業界の展示会に参加したが、CESからOpenStack Summitに至るまで、どのイベントでも、企業はオープンソース関連の人材を探していた。実際、筆者が見たところでは、現状維持の企業よりも、新しい人材を探している企業の方が多い。

DiceとLinux Foundationが実施した調査によると、オープンソース関連の人材の需要が高まっている。
DiceとLinux Foundationが実施した調査で、オープンソース関連の人材の需要が高まっていることが明らかになった。
提供:Dice & The Linux Foundation

 オープンソースのプロフェッショナルを探しているのは、Linux業界の企業も同じだ。たとえばLinuxのディストリビューターであるSUSEも、現在およそ100の職位で求人を出している。同社が求めているのは、OpenStack開発者、分散ストレージソフトウェアのエンジニア、Dockerの専門家、上級Linux開発者などだ。Canonical、Red Hat、IBM、Oracleなどの、Linuxを中心的な事業に据えているほかの企業でも、Linuxやオープンソースのエキスパートを探している。

 DiceとLinux Foundationは、「オープンソース関連の人材を雇用することは、技術者を雇用しようとしている採用担当マネージャーの最優先事項であり、人材スカウト会社は、応募者にプロフェッショナル向けの認定資格を求めるようになってきている」と述べている。

 OpenStack Foundationなどの団体が、「Certified OpenStack Administrator」(COA)などの新たな資格を提供し始めたのは、これが理由だ。Microsoftでさえ(そう、あのMicrosoftが)、「マイクロソフト認定ソリューション アソシエイト(MCSA)Linux on Azure」という資格を設けている

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]