Google I/O 2016

「Android Studio 2.2」のプレビュー版がリリース

Larry Dignan (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2016-05-19 10:31

 Googleは米国時間5月18日、開発者向けカンファレンス「Google I/O 2016」において、「Android」アプリ統合開発環境(IDE)である「Android Studio 2.2」のプレビュー版を披露するとともに、canaryチャンネル(およそ週に1度のペースで更新される)とdevチャンネル(開発者向け)でリリースした。このリリースでは、処理速度とアプリ開発効率の向上を目的とした多くの機能強化が図られている。

Google I/O 2016で「Android Studio 2.2」のプレビュー版発表、リリース

 同社によるとAndroid Studio 2.2には、実際のデバイス上で実行させるよりも高速にアプリを実行できるエミュレータが搭載されているという。また、より高速なビルドが可能になっており、コードのテストやその記録をローカル環境でも、クラウド上のテストラボ環境でも行えるようになっているという。

 さらに、リッチなユーザーインターフェースを実現するための処理をバックグランドで取り扱えるよう、レイアウト機能にも変更が加えられている。他にも以下のような機能が追加されている。

  • 開発されたアプリ(APK)のサイズが大きすぎる理由を把握するためのアナライザ(主に、新興国市場向けアプリでの使用を想定している)
  • レイアウトインスペクタ
  • 拡張されたコード分析ツール
  • Java8のサポート
  • C++に対するサポートの強化と、デバッグ機能の向上
  •  なお今回のプレビュー版は、既存の「Android Studio 2.1.1」環境に影響を与えないよう、パッチ形式ではなく完全なIDEイメージのかたちで提供される。

    Google I/O 2016で「Android Studio 2.2」のプレビュー版発表、リリース

    この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]