編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

「Amazon EC2」で2TBの「X1」インスタンスが利用可能に

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-05-19 11:52

 Amazon Web Services(AWS)は米国時間5月18日、「Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)」上で「X1」インスタンスの提供を開始したと発表した。メモリが2テラバイトというX1は、SAPのインメモリデータベース「SAP HANA」を稼働させている法人顧客のサポートを念頭に置いたものだ。

 AWSが語ったところによるとX1は、競合企業が提供している「現在利用可能な」SAP認定インスタンスタイプのどれよりもメモリ量で勝っているという。この説明は、Microsoftが「Microsoft Azure」で新たにHANAをサポートし、3テラバイトというインスタンスを提供すると発表したことを意識していると考えられる。

 X1インスタンスは、2.3GHzの「Intel Xeon E7 8880 v3(Haswell)」を4基搭載し、専用のEBS帯域幅は10Gbpsとなっている。

 AWSによると、X1インスタンスは「SAP S/4HANA」「SAP Business Suite on HANA(SoH)」「SAP Business Warehouse on HANA(BWoH)」向けに認定されているという。

 X1は18日より、利用申請をすれば、米国東部(バージニア北部)、米国西部(オレゴン)、欧州(アイルランド)、欧州(フランクフルト)、アジアパシフィック(東京)、アジアパシフィック(シンガポール)、そしてアジアパシフィック(シドニー)リージョンで利用可能だとAWSは述べている。他のリージョンでも数カ月中に提供する予定だ。

 X1インスタンスは、米国東部(バージニア北部)リージョンの場合、3年契約の一部前払いで1時間あたり3.970ドルで利用できる。オンデマンドの価格については明らかにされていない。技術的な情報の詳細は、AWSのFAQページで確認できる。

「Amazon EC2」上でメモリ2テラバイトの「X1」インスタンスが利用可能に
X1インスタンスの概要
提供:AWS

 AWSは17日、同社クラウドでSAPのアプリケーションを利用する主要な顧客について説明した。GE Oil & Gas、Kellogg's、Brooks Brothers、Ferrara Candy Company、GPT Group、Hoya Corporation、Lionsgate、 Macmillan Publishers India、RWE Czech Republic、Zappos.com、Bart & Associatesといった企業が挙げられている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]