編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」
SAP Sapphire

デジタル化していく海外企業--SAPが仕掛ける「破壊」活動 - (page 3)

末岡洋子

2016-05-20 07:30

最も高度な技術に投資する--Under Armour

 後半には、S/4 HANAを導入してビジネス上の効果を得ている顧客として、Under Armour、Burberry、Sabreの3社から代表者が登場した。

 Under Armourで最高情報責任者(CIO)を務めるPaul Fipps氏は、HANAで“再プラットフォーム”した理由として、「われわれは成長企業。スピードが大切」とする。同社は2015年、年25%増で2018年まで成長するとの見通しを立てており、そこで技術ができる役割は大きい。

 「最も高度な技術に投資している」とFipps氏。「顧客の期待は常に変化しており、欲しい時に欲しいものを得たいと思っている。われわれは常にDisruptionを考えている」と続けた。

 Sabreは1990年代前半にSAPを実装、それ以来の顧客だが、古いシステムでは変化のスピードについていけないという課題があった。そこで、2015年10月にS/4 HANAにマイグレーションすることに。Sabreの技術担当バイスプレジデントのSteve Strout氏は、マイグレーションについて「簡単ではなかった」と振り返るが、特徴的なのが、これまでのようにSIパートナーを使わず自社でやったという点だ。

 「自分たちのものにしたかった」と語る。合わせてシステムの簡素化を進め、SuccessFactorsなどのクラウドアプリケーションの導入も進めている。

 Burberryの最高情報責任者(CIO)、Fumbi Chima氏は、オンライン販売とオフライン(店舗)販売の両方の土台をS/4 HANAに統一し、「SAP Retail」などを使って環境を構築している。PaaSのSAP HCP(HANA Cloud Platform)もアプリ開発プラットフォームとして利用するなど先進的事例となっている。「顧客の行動は常に変化しており、デジタルコアを中核に対応していく」と方針を語る。「SAPは技術パートナーというより、ビジネスパートナー」と述べた。

左からSAPのBill McDermott氏、BurberryのFumbi Chima氏、SabreのSteve Strout氏、Under ArmourのPaul Fipps氏
左からSAPのBill McDermott氏、BurberryのFumbi Chima氏、SabreのSteve Strout氏、Under ArmourのPaul Fipps氏

 世界のトランザクションの76%がSAPのシステムを介している。「SAPを特別にしてくれるのは、顧客のおかげ」とMcDermott氏は会場に向かって感謝の意を述べた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  2. 運用管理

    ノーツを蘇らせた老舗メーカーの取り組み―Nomadの活用で働き方が変わり生産性・従業員満足度が向上

  3. 経営

    二人の先駆者が語る経営×IT--デジタル活用・DX推進のリーダーが握る企業競争力

  4. 経営

    3人の識者による金言・アドバイス--時代に負けない骨太な組織作りへの道

  5. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]