編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
de:code

開発者には社会を変える力がある、責任は大きい--MSサティア・ナデラCEO

阿久津良和

2016-05-25 00:04


Microsoft CEO Satya Nadella氏

 日本マイクロソフトは5月24日と25日の2日間、開発者向けカンファレンス「de:code 2016」を都内で開催している。3回目の開催となる今回の基調講演では、米Microsoftから最高経営責任者(CEO)のSatya Nadella氏が登壇し、Microsoftのビジョンや方向性、デジタルビジネスの未来などを語った。

自動車産業はソフトウェア産業に

 Nadella氏は、(3月にBuild 2016で登壇した際の発言と一部重複するが)Microsoft Researchが開発した「Microsoft Cognitive Services」のAPI群を例に、デジタルビジネスが大きな広がりを見せていると説明。その具体例として、トヨタ自動車の次世代テレマティクスを挙げて、「ユーザーは他の車や都市インフラとコミュニケーションしながら運転できる。あらゆる企業がデジタル企業に変わろうとしている」(Nadella氏)と述べた。

 また、こちらもBuild 2016で登場したキーワードだが、「Conversations as a Platform」にも言及した。Windows 10に搭載された音声アシスタンス「Cortana」などを引き合いに、「コンピュータが人の言語を理解することで、アプリケーションのインターフェースも同時に変化する。現在、われわれはスマートフォンやPCをアイコンで操作しているが、今後はそれが言語に変わる」(Nadella氏)という。

FacebookやLINEも連携する「Bot Framework」


 Microsoftが今年特に注力する分野の1つが「Microsoft Bot Framework」だ。このフレームワークは、会話アプリケーションの基盤として、会話用インターフェースを提供する。Nadella氏によれば、FacebookやLINEとも連携してオープンなエコシステムを実現できるという。なお、日本では人工知能サービスとして「りんな」が提供されているが、基調講演では、Bot Frameworkの枠組みの1つとして「りんな」のデモンストレーションが行われた。

 最後に、会場を訪れたソフトウェア開発者に向けて、「われわれは今、4度目の産業革命を迎えている。開発者は、経済予測や、環境を変革する力、社会を活性化する力を持っている。開発者の責任は大きい」(Nadella氏)と締めくくった。

Cognitive ServicesでMSリサーチの20年間の成果に即アクセス


Microsoft CVP & Chief Evangelist Steve Guggenheimer氏

 Nadella氏に続いて登壇したMicrosoft CVP & Chief Evangelist Steve Guggenheimer氏は、Microsoftの3つの野望、「パーソナルコンピューティング」「プロダクティビティとビジネスプロセスの改革」「インテリジェントなクラウドプラットフォームの構築」について次のように語った。

 「パーソナルコンピューティング」については、One Windowsで実現する“1つのアプリケーションやサービスがすべてのデバイスで動作する”というビジョンを強調。「デバイスごとのプラットフォームは異なるため、カスタマイズは必要だが、コア部分は同じコードですべてのデバイスに対応する。(One Windowsを実現するWindows 10は)信頼性が高く、拡張性の高いプラットフォームになる」(Guggenheimer氏)と述べた。また、開発者向けのアピールとして、2016年夏リリース予定の「Windows 10 Anniversary Update」で「Bash on Ubuntu」のサポートや、Xamarin買収による開発環境の充実を踏まえて「Windows 10ならすべての環境を開発できる」(Guggenheimer氏)と述べている。

 「プロダクティビティとビジネスプロセスの改革」について。Office 365によるAPIセットの再構築に着手したのが3年前と断りながらも、「近年は多く使われるようになった。Officeは世界中の共通言語という声も頂いている」(Guggenheimer氏)とし、Office 365が、Microsoftが進めるプラットフォーム化の一画を担う存在として着々と成長していることを説明した。

 「インテリジェントなクラウドプラットフォームの構築」では、Nadella氏もスピーチした機械学習、人口知能関連のサービス群「Microsoft Cognitive Services」に触れた。Cognitive Servicesでは22のAPIを提供しており、「これらを使うことで、ユーザーはMicrosoft Researchが20年間研究してきた結果にすぐにアクセスできるようになる」(Guggenheimer氏)と語った。だが、あくまでもこれらのAPIはどのように使うかがポイントになる。基調講演では、「Windows 10 IoT Core」や「Face API」を組み合わせて、顔認証でオートロックを解除するデモンストレーションを披露した。


Windows 10 IoTとCognitive APIを組み合わせた、顔認証によるオートロック解除のデモ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]