編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

マイクロソフト、「SQL Server 2016」を一般提供

Andrew Brust (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-06-02 12:45

 Microsoftのデータベース製品「Microsoft SQL Server 2016」が一般公開(GA)となった。同製品は約1年のパブリックプレビューを経ており、これまでで最大規模のリリースといってもいいだろう。リレーショナル、ビジネスインテリジェンス(BI)、情報管理などで多数の機能が加わっており、データベース内の分析機能も初めて登場した。

TechRepublic Japan関連記事

 Microsoftは、研究部門を含む自社の技術を多く活用し、買収により獲得した技術も組み合わせて大規模なリリースを生み出した。リレーショナルエンジンやデータウェアハウス、アナリティクスでの主要な特徴は以下のようなものだ。

リレーショナルエンジン

  • インメモリのOLTPを実装し、SQL Server 2014の初期リリースより苦痛の種となっていたたくさんの「無駄な」シナリオを削除した。
  • JSON(JavaScript Object Notation)でフォーマット化されたデータとの互換性を確保した。これにより、SQL ServerはMongoDBなどのドキュメントストアNoSQLデータベースのようにスキーマの柔軟性をもたらし、新しい開発者に訴求できる。
  • 「Dynamic Data Masking(DDM)」「Row Level Security(RLS)」「Always Encrypted」などの機能を導入し、これまでサードパーティーのソリューションを利用していたデータ保護機能がSQL Serverプラットフォームに加わった。
  • オンプレミスと「Azure」クラウドのハイブリッド化されたデータベースストレージを可能にする「Stretch Database」が加わった。価格モデルで変更の必要がありそうだが、土台の技術は素晴らしいものだ。
  • データの履歴などを追跡できる「Temporal Tables」、クエリ性能をチューニングする「Query Store」などの機能が加わった。

データウェアハウス、ビックデータ

  • カラムストアインデックスを大きく改善し、データウェアハウススタイルのクエリをOLTPデータに対して行うことができる。また、別のOLAPキューブを作成することなく、OLAPツールを使ってデータウェアハウスとデータマートに直接クエリをかけることができる。
  • SQL ServerとHadoopの統合技術である「Polybase」が、メインストリームのEntepriseバージョンに加わった。これまでは並列データウェアハウスの特別なバージョン(SQL Server Parallel Data Warehouse)などで利用されていた技術だ。

高度なアナリティクス

  • Rプログラミング言語がリレーショナルエンジンに統合された。「R Services」を利用して、リアルタイムで大規模なオペレーショナルデータの分析がSQL Server内で実行可能になった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]