編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

MS、新たなライセンス購入形態「Enterprise Advantage on MPSA」を発表

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-07-04 11:14

 ボリュームライセンスプランの簡素化と統合を進めているMicrosoftは、「Enterprise Advantage on MPSA」という新たなライセンス購入形態を発表した。

 Microsoftは会計年度のスタートとなる7月1日、顧客に最新の変更についての通知を開始した。実際には2017年始めに提供開始される。同社は7月10日より、カナダ・トロントで「Worldwide Partner Conference」を開催することになっている。

 Enterprise Advantage on MPSAでは従来のEnterprise Agreementの条件をマイクロソフト製品/サービス契約 (Microsoft Products and Services Agreement:MPSA)にも適用できる。特に、組織全体での購入オプションを探している中規模の組織に訴求する。

 Enterprise Advantage on MPSAは、MPSAが提供されている全ての市場の商用顧客に提供されるが、Microsoftによると250〜2400ユーザーまたはデバイスの顧客の関心を呼ぶだろうという。

 MicrosoftでWorldwide Licensing and Pricing(WWLP)グループのライセンスプログラム担当マーケティングディレクターのMark Nowlan氏は、Enterprise Advantage on MPSAの導入を「現代的なライセンス開発における次のステップ」と位置付けている。

 MPSAは組織全体の購入/ライセンスを単一の契約で統合できる、無期限の基本契約。これまでのソフトウェア中心のライセンスと購入合意をシンプルにし、Microsoftのソフトウェアとサービスを組み合わせて利用する顧客にアピールすることを目指す。

 またこれに伴い、同社はSelect Plusの販売を終了する。Enterprise Agreementは引き続き提供されるが、ユーザーまたはデバイスの最小契約条件が250から500に引き上げらる。

 Government Advantage、Education Advantageという類似のサービスも 2017年後半にはMPSAに導入される予定だとNowlan氏は述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]