編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

SIEM市場の売上は16.7%増--ITR

NO BUDGET

2016-07-06 17:58

 アイ・ティ・アールは7月5日、国内のSIEM(Security Information and Event Management)市場規模推移と予測を発表した。同社が発行した市場調査レポート「ITR Market View:情報漏洩対策市場2016」に向けて行われた国内59ベンダーへの調査に基づくもの。国内SIEM市場の2015年度の売り上げ金額は前年度比16.7%増の33億5000万円となった。


国内SIEM市場規模推移および予測

 SIEMは、各種ログを一元的に収集・管理する機能を中核に、それらログデータの相関分析により、セキュリティ脅威をリアルタイムに検知・アラートを出す製品。これまではコンプライアンス支援として導入が進んできたが、近年ではサイバー攻撃対策製品として需要が拡大している。

 通信業などをはじめとする大企業での導入が堅調に進むほか、2015年度には既存ユーザーのシステム拡張が進んでいるSplunkが高い伸びを示し、市場の拡大をけん引している。

 近年の高度化、多様化しているサイバー攻撃に対応するため、インテリジェントな機械学習やAI技術を利用した次世代SIEMが登場してきていることなども背景に、同社では2016年度には同14.6%増の伸びを見込んでおり、同市場の2015~2020年度CAGRは13.0%と予測した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]