トップインタビュー

「S/4HANA」の強みはアーキテクチャ、これからはマイクロサービス--SAP幹部

谷川耕一

2016-07-07 06:30

 2015年2月に登場した、SAPの新ビジネスアプリケーション群「SAP Business Suite 4 SAP HANA(S/4HANA)」。新規ユーザーのほとんどが、この新しい製品を選択していると言う。S/4HANAがなぜ生まれ、統合基幹業務システム(ERP)パッケージ「SAP ERP」などの従来製品からいったい何が変わったのか。SAP SEのエグゼクティブボードでプロダクト&イノベーションを担当するBernd Leukert氏に話を聞いた。

シンプルなアーキテクチャがもたらすメリット

――S/4HANAの強みはどんなところでしょうか? 従来のERPと何が変わったのでしょうか?

 S/4HANAは、企業のコアとなるビジネスプロセスをデジタル化できるプラットフォームです。従来のERPとはアーキテクチャが異なります。シンプルなアーキテクチャになり、顧客にとってはレスポンスタイムが極めて短くなっています。それをSAPでは「ライブ」あるいは「ゼロレスポンスタイム」と呼んでいます。これがまず1つ目の違いです。

 2つ目は、レスポンスが良くなったことでビジネスプロセスの見直しが可能になりました。また、ユーザーのオペレーションが少なくなりTCO(総所有コスト)の削減にも貢献しています。さらには、データのフットプリントサイズが小さくなり、結果的にストレージ削減の効果もあります。これらはユーザーの労力を減らすことにもつながっています。

 3つ目は、分析やレポーティングなどのビジネスインサイトを得る仕組みをERPのトランザクションに組み込めるようになったことです。以前のERPでは、レポーティングなどのデータはERPとは別に構築したデータウェアハウス(DWH)から取ってこなければなりませんでした。それがS/4HANAの1つのプラットフォームに統合され、ユーザーインターフェースもシンプルで使いやすいものになっています。

 SAPには40年あまりの歴史がありますが、これらの強みがあることで今までにない速いペースでS/4HANAは普及しています。

SAP SE エグゼクティブボード プロダクト&イノベーション担当 Bernd Leukert氏
SAP SE エグゼクティブボード プロダクト&イノベーション担当 Bernd Leukert氏

――逆にS/4HANAにおいて、現状では足りないところや十分ではないところはありますか。

 ソフトウェアは家を建てるように、作って終わりではありません。進化を続ける必要があります。S/4HANAは現状でも包括的な機能を提供しており、それで25の業界に対し価値の高いソリューションを展開できています。さらに顧客は世界中にいて、それぞれの地域におけるローカライズの要求にも応えています。そういった取り組みにより顧客にビジネス価値を提供できているのです。現状でもS/4HANAは、かなり優れた製品だと考えています。

 もし弱点があるとすれば、それはむしろ新たなビジネスのチャンスでしょう。SAPには自動車や金融、流通などあらゆる業界を代表する顧客がいます。彼らからは各業界の知識を得て、SAPは彼らにITの価値を提供しています。そんな彼らとともに、今後も製品の革新を続けていきます。

検索エンジンのやり方を組み込む

――アーキテクチャを変更し新たに生まれ変わったS/4HANAですが、これはインメモリデータベースの「HANA」があったから刷新されたのでしょうか? それともHANA登場前から、次のERPではアーキテクチャの変更が必要だと考えていたのですか?

 HANAの登場が、アーキテクチャを変えるきっかけになりました。ERPのようなアプリケーションでアーキテクチャを変更する際には、既存ビジネスを中断したり破壊したりしないことが大事です。今回はそれを十分に考慮しながら、アーキテクチャをシンプル化しています。それによりコアとなるビジネスプロセス部分が変わるわけではありません。

 大きく変わったのはデータベースのデザインです。HANAにはインメモリとカラムストアがあり、これで極めてレスポンスが速くなっています。以前のERPのアーキテクチャではさまざまな処理をするために、事前に集計をして結果をすぐに返せるようにしていました。

 これがHANAの速いレスポンスにより、オンザフライで集計ができるようになったのです。そのため、データ変更の度に事前集計や集計結果の保存が必要なくなりました。これはデータベースデザインの複雑性を排除することにもつながっています。つまりは、HANAがトリガーになってアーキテクチャがシンプルになったのです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]