「FinTechで地方創世をリードする」--3地銀がパネルディスカッション

吉田 洋平 羽野三千世 (編集部) 2016年07月13日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 6月24日に開催された「Nikkei FinTech Conference 2016」において、「地銀×Fintech、動き出した風土改革」と題したパネルディスカッションが行われた。パネリストは、ふくおかフィナンシャルグループ(ふくおかFG)営業企画部部長代理兼iBankマーケティング代表取締役の永吉健一氏、山口フィナンシャルグループ(YMFG)営業戦略部副部長の北川信之氏、広島銀行総合企画部企画室担当課長の石原和幸氏の3人。モデレーターは日経FinTechの岡部一詩記者が務めた。


パネルディスカッションの様子

 ふくおかFGはスマートフォンを使った新しいサービスプラットフォーム「iBank」によるサービスを7月下旬から開始予定だ。「スマホアプリに情報コンテンツを配信し、ワンタップで目的預金や貯金ができる。お得なクーポンなどを途切れなく配信したいと考えている。地域展開モデルで、金融以外のサービスも用意している」(永吉氏)とした。

 広島銀行は2015年から2016年2月まで、電子マネー方式のプレミアム付き商品券「HIROCA」のサービスを展開し、4月以降は地域電子マネーとしてHIROCAを再度利用できるサービスを開始した。石原氏は「もう1つ、こちらは構想段階だが、企業の事業評価を変えたいと考えている。財務データや担保への依存度を減らし、取引先や事業の強みや弱みを分析して自動でより多くの金額を融資できるようにしたい」と語った。

 YMFGは商品やサービスを企画する営業戦略部の取り組みを紹介した。1つはクラウドファウンディングで「従来は専門の会社と提携するパターンが多かったが、自分達で投資型のクラウドファイナンスをしたいと考え1年前から取り組んでいる。当初は案件を増やすのに四苦八苦したが、広島でハロウィンの仮装イベントに投資するなど、地域の盛り上がりに貢献できるようになった」(北川氏)

FinTechを始めたきっかけ

 ここで岡部記者が「FinTechという言葉が広まってきたため、銀行ではトップダウンで何かしらやれ、と言われているケースが多いと聞く。各行の取り組みはどのように始まったのか」と質問した。

 YMFGは「数年前にネットバンキングを強化しようという話になり、見積もりを取ったら物凄い金額で、特に運営コストが高く断念した。何か別の手がないかと考えていたところ、マネーフォワードの人と話す機会があった。『個人資産管理で提携すれば効果が上げられる』と考え、社内で提案してボトムアップで取り組んだ」(北川氏)

 ふくおかFGのiBankの最初の構想は2年半前だったという。「まだ世の中にFinTechという言葉がなかった時期。お客様起点で面白いものを作りたい、それも顕在化していない、潜在化しているニーズを探そう、ということから始まった。銀行が作ったFinTech企業は珍しいと思う。現状のサービスの課題は使いやすさで、より使いやすくするには勘定系とどこまで連携できるかが重要になる」(永吉氏)

 広島銀行は「企業の事業評価の取り組みで言えば、例えばマツダのサプライヤーの中で、『この部品がないとマツダの車が作れない』というキーになる企業がある。そういった企業は経営が苦しくなっても必ず残る、ということは前から分かっていた。こうした企業をうまく評価するための仕組みを作りたい、というのがそもそものきっかけで、現在はこれを全業種に広げる取り組みを進めている」(石原氏)

地銀が地方創生の主役になるために

 最後に岡部記者は「地方創世というキーワードで、地銀は主役の役割を果たすことを期待されている。この視点ではどのように考えているか」と聞いた。

 広島銀行の石原氏は「本来的な地銀の役割は地域の企業をいかに育てられるかだと考えている。それぞれのステージに応じた支援をどれだけできるかが大切になる。そこにFinTechの技術を適用出来るか考えるのがわれわれの役割だ」と語った。

 YMFGの北川氏は「FinTechのスタートアップ企業とうまく協力出来れば、サービスを簡単、便利、安価にできる。地方は都市部とはインフラが違う。例えば、山口でICカードを読めるところは数カ所しかない。そういった状況も踏まえて、FinTech企業とのコラボレーションが大事になると考えている」と話した。

 ふくおかFGの永吉氏は「法人の企業はいろいろな県に進出している。1つの地域だけが元気でもあまりよくないので、これからは各地域のローカルシステムを関連付けることも必要になるだろう」と語った。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]