編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ブロケード、第6世代ファイバチャネルダイレクタを発表--総帯域16Tbps

NO BUDGET

2016-07-27 15:54

 Brocade Communications systemsは、第6世代ファイバチャネルダイレクタ「Brocade X6ダイレクタ・ファミリ」を発表した。パートナー企業であるHitachi Data Systemsは7月19日から提供している。

 同社は3月に1ポート32Gbpsの通信に対応する第6世代ファイバチャネルスイッチを発表しており、今回のダイレクタはこれを土台に拡張したもの。「Brocade SX6エクステンションブレード」を活用し、独自技術のFabric Visionと融合することで、オールフラッシュデータセンターでの性能ボトルネックの解消などに貢献すると説明している。

X6ダイレクタ
X6ダイレクタ(ブロケード提供)

 X6ダイレクタは、384個の32Gbpsのラインレートポートと、最大32個の128GbpsのUltraScale ICLの接続ポートを備え、16Tbpsの総帯域を提供する。従来のソリューションと比べてアプリケーション応答時間を最大71%短縮し、I/Oボトルネックを解消、フラッシュストレージと次世代NVMeベースストレージの性能を最大限に引き出すという。

 SX6エクステンションブレードは、プラットフォームあたり最大80Gbpsのアプリケーションスループットとラインレートの暗号化機能を提供し、データセンター間でのファイバチャネルストレージ(32Gbs対応)とIPストレージ(1/10GbE対応)のレプリケーションをサポートする。また、データセンター間の接続にはトラフィック増加に対応するため、1/10/40GbEのIP WAN接続をサポートする。

 X6ダイレクタとSX6エクステンションブレードは、チャネルパートナーを通じて販売が開始されている。その他のOEMパートナーは、2016年下半期に出荷を開始する予定。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]