編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:「ジョブ型」へのシフト
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

レッドハット、Java EE 7準拠のアプリケーションサーバを国内でも提供

NO BUDGET

2016-07-26 13:38

 レッドハットは、Java EE 7に準拠したアプリケーションサーバ「Red Hat JBoss Enterprise Application Platform(EAP) 7」を7月21日から提供。「RedHatカスタマーポータル」から最新版を入手できる。

 JBoss EAP 7は、広く使われているJava EE 7 APIとDevOpsを支援する最新の技術をあわせ持った製品。DevOpsで必要となる統合開発環境(IDE)「JBossDeveloper Studio」や継続的インテグレーション(CI)ツール「Jenkins」、テストスイート「Arquillian」、プロジェクト管理ツール「Maven」などさまざまなウェブアプリやJavaScriptのフレームワークが含まれる。JBossDeveloper Studioは、オンプレミスまたクラウド内のアプリケーションのビルド、テスト、デプロイに無償で使用できる。

TechRepublic Japan関連記事

 同製品はクラウド環境に最適化されている。「Red Hat OpenShift Container Platform(OpenShift)」とともに活用することでコンテナやロードバランシング、スケーリング、モニタリング、IDEからコンテナへの直接デプロイメントが可能になる。OpenShiftとの組み合わせで重複する機能が不要になるため、DevOps環境のアーキテクチャ上の効率が向上すると説明している。

 開発者向けサービスの「JBoss Core Services Collection」の提供も発表した。このサービスは、Red Hat JBoss Middlewareサブスクリプションの一部として利用でき、追加費用なしで各コンポーネントバージョンに対してオンラインサポート、電話サポート、アップデート、パッチ、セキュリティ修正を受けることができる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]