編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

ウルシステムズ、Javaプログラムのメモリ使用効率を500倍まで高めるミドルウェア

NO BUDGET

2016-02-26 08:00

 ウルシステムズは2月25日、Javaプログラムのメモリ使用効率を最大500倍に高めるミドルウェア「ULFIRE Memory Optimizer」の提供を発表した。英C24 Technologiesのデータ圧縮技術「PREON」のOEM供給を受けて提供される。

 ウルシステムズでは、金融分野における約定決済システム、デジタル広告のリアルタイム配信システム、通信分野をはじめとするモノのインターネット(Internet of Things:IoT)やビッグデータ処理などへの適用を見込んでいる。

 ULFIRE Memory Optimizerは、Javaオブジェクトを自動圧縮し、メモリ上に展開するデータのサイズを最大で500分の1まで小さくする。インメモリ処理に必要な実メモリ容量を減らすことで、ハードウェアやソフトウェアライセンスの費用を抑えられる。

 昨今、IoTやFinTech(フィンテック)、機械学習といった取り組みの一環でインメモリ技術の導入を検討する企業が増えている。だが、高性能サーバやデータグリッドなど高価なハードウェアやミドルウェアを用意する必要があるため、予算上の制約からデータ容量に見合うだけのインフラを用意できないというケースが指摘されていたという。

 ウルシステムズでは、ULFIRE Memory Optimizerをベースとした概念検証(Proof of Concept:PoC)の実施や、導入とパフォーマンスチューニング、大規模超高速処理システムの設計と開発の支援、ソフトウェアライセンス、保守サービスなどを提供する。ソフトウェアの価格はシステムの規模に応じて設定される。エントリーシステムは520万円から。今後3年間で30社以上の導入を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]