編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

AWS、リアルタイムストリーミングデータ分析向け「Kinesis Analytics」など発表

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-08-12 12:50

 Amazon Web Services(AWS)はクラウドコンピューティングプラットフォーム向けの複数の新機能を提供する。

 同社は米国時間8月11日、ニューヨーク市で開催したイベントの基調講演で、リアルタイムデータストリーミング向け分析サービス「Kinesis Analytics」を発表した。また、「Elastic Load Balancing(ELB)」を利用する顧客向けのロードバランサー「Application Load Balancer」を発表し、プラットフォーム全体をまたいでコンテナのサポートを拡大することも明らかにした。

 Kinesis Analyticsは、SQLを利用してリアルタイムでストリーミングデータのクエリを容易に実行可能なサービスだ。AWSのリアルタイムストリーミングデータプラットフォーム「Kinesis」をベースとしている。開発者はKinesisを利用してAWSのクラウドにあるリアルタイムのストリーミングデータを扱うことができる。

 AWSのチーフエバンジェリストJeff Barr氏は公式ブログで、Kinesis Analyticsはリアルタイムで取り込めるデータ量の境界を上げることができると説明している。

 「ストリーミングデータに対して継続的なSQLクエリをかけることができる。入ってきたデータのフィルタリング、変換、サマリが可能になる」とBarr氏は説明している。「これにより、インフラに時間を費やす代わりにデータの処理とビジネス上の価値を引き出すことにフォーカスできる。強力なエンドツーエンドの高機能なストリーム処理パイプラインを、SQLクエリ以上の複雑な作業を必要とせず、5分で構築できる」(Barr氏)。


 Kinesisは欧州(アイルランド)、米国東部(バージニア北部)、米国西部(オレゴン)などのリージョンで提供されている。価格は必要な処理ユニットの数により異なる。

 Application Load Balancer(ALB)は、同社が2009年より提供しているElastic Load Balancingツールを利用している顧客向けのオプションとなる。

 新しいALBはコンテンツベースのルーティングを提供すると最高技術責任者(CTO)のWerner Vogels氏は説明している。開発者はデータがサーバに分散される方法をより細かく制御できるようになるという。

 また新しいALBは、コンテナで稼働するアプリケーションもサポートする。

AWS CTO Werner Vogels
AWSのCTO Werner Vogels氏

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]