編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

世界経済フォーラム、ブロックチェーンと金融サービスの未来に関するレポートを公開

ZDNet Japan Staff

2016-08-15 12:52

 世界経済フォーラムは米国時間8月12日、ブロックチェーンが金融分野に起こす変化などに関してまとめた報告書を公開した。ブロックチェーンは期待に応えるものとなり、金融サービスに変化をもたらす可能性があるという。一方で、新しい技術や規制当局などと注意深く連携することも重要だとしている。

 ブロックチェーンは分散レッジャー(台帳)とも言われるもので、中央管理型に対して分散型で取引記録などの台帳を管理する技術。FinTechにおいて重要な技術となっており、IBMなどの技術ベンダーも積極的に取り組んでいる。

 世界経済フォーラムのレポートは「Disruptive Innovation in Financial Services」(金融サービスの破壊的イノベーション)に基づいた「The future of financial infrastructure」(金融インフラストラクチャの未来)というもので、Deloitteと共同で作成した。保険、決済、貯蓄とローン、資金調達、投資管理など6つのカテゴリでのブロックチェーンのユースケースに焦点を当てている。

 たとえば、手数料が発生し、複数のステップを経て行われる国際収支や電信送金、長く効率の悪いプロセスを経る銀行の当局へのコンプライアンス報告など、基本的な財務サービスの一部がブロックチェーンに置きかわるだろうと予想している。

 世界経済フォーラムの金融サービス業界部門のトップを務めるGiancarlo Bruno氏は、「ブロックチェーンは金融業界の周辺にとどまるのではなく、脈を打つ心臓部のような中心的なものとなるだろう。ブロックチェーンは業界全般にわたる革新的なソリューションの構築を促し、メインフレームやメッセージサービス、電子取引が過去にそうだったように、金融サービスの構造に一層統合されるだろう」と述べている。

 ポイントとして、以下の4つを挙げている。

  • 分散レッジャー技術(ブロックチェーン)は、新しい金融サービスインフラとプロセスを構築し、シンプル化と効率化を促す可能性がある。
  • 分散レッジャー技術は、既存の技術や今後登場する新しい技術とともに次世代の金融サービスインフラの基盤を構築する。
  • 過去の技術的進化と同様に、新しい金融サービスインフラは現在のビジネスモデルの正当性に疑問を呈し、変革する。
  • 最も影響力のある分散レッジャー技術のアプリケーションは、既存企業、新しい技術を開発する新規参入者、規制当局との間の深い連携を必要とするものだ。複雑さを増し、実装が遅れるだろう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]