さとうなおきの「週刊Azureなう」

【Azureなう 8/31号】Azure SQL DatabaseのJSONサポート

佐藤直生 2016年08月31日 13時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 こんにちは、さとうなおきです。「週刊Azureなう」では、先週の1週間に発表されたMicrosoft Azureの新機能から、筆者の独断と偏見で選んだトピックについて紹介していきます。

LinuxCon North America 2016

 8月22~24日にカナダのトロントで、The Linux Foundationが、Linuxコミュニティのカンファレンス「LinuxCon North America 2016」を開催しました。

 8月23日の基調講演には、Microsoftのエンタープライズオープンソース担当CVP(コーポレートバイスプレジデント)であるWim Coekaertsが登壇しました。Wim CoekaertsはLinuxコミュニティで有名な人物であり、Oracleで長年Linuxを担当していましたが、今年3月にMicrosoftに移籍しました

 今回の基調講演の内容は、記事「マイクロソフトは本当に変わったか--オラクル出身幹部が語るMS×Linuxの今」でまとめられているので、是非ご覧ください。最近のMicrosoftのオープンソースやLinuxへのスタンスが理解できると思います。以下に記事で印象に残った一文を引用します。

Microsoftの未来は「WindowsとLinux」の両方に掛かっているとCoekaerts氏は考えている。結局の所、「LinuxはMicrosoftでの日常の一部」だというわけだ。

しかし、人々はこれを信じるだろうか?MicrosoftがLinuxやオープンソースソフトウェアを本気で支援していると世界を納得させる方法は1つしかない。「Microsoftは、それをコードで証明する」と同氏は言う。

「Microsoftはすでに多くのことをしてきたが、すぐに、もっと多くの取り組みを見せていく。当社は以前とは違う会社であり、今こそそれを証明するときだ」とCoekaerts氏は講演を締めくくった。

 基調講演前日に投稿されたWim CoekaertsによるAzure Blogのポスト「Live from LinuxCon – Sharing the latest news and learnings on Microsoft’s open journey」では、顧客がLinuxとWindowsのサポートを求めており、MicrosoftがLinuxに大きな投資をしていることが紹介されています。オープンソース化されLinuxをサポートしている.NET Core、PowerShell、Visual Studio Codeも、その一例です。AzureでのLinuxやオープンソースのサポートについては、「Linux および Open Technologies」ページをご覧ください。

 また、(Azureやほかのクラウド、オンプレミス環境にわたってシステムを管理できるサービスである)Microsoft Operations Management Suite(OMS)に関して、2つの発表がありました。

 まず、プレビューで提供されていたOMSのLinux管理機能がGA(一般提供)になりました。Fluentdをベースに構築されているOMS Agent for LinuxをLinuxサーバに構成することで、syslogイベント、50以上のLinux OSパフォーマンスメトリック、NagiosやZabbixのアラート、300以上のFluendプラグインを活用したカスタムデータを、OMSに集約できます。

 次の画面では、OMSに集約したLinuxサーバ群のSyslogエラー イベントを検索しています。


OSMでのLinuxサーバ群のSyslogエラー イベントの検索

 そして、OMS Container Solution for Linuxのパブリックプレビューがリリースされました。これは、今年6月のDockerConのGeneral SessionでMicrosoftのAzure担当CTOであるMark Russinovichがデモしていた機能です。これによって、Linux上で動作する多数のDockerコンテナからのログを集約して監視することができます。

 次の画面では、OMSでDockerコンテナを監視しています。


OMSでのDockerコンテナの監視

 OMSには無料プランがあり、簡単に使い始めることができるので、是非OMSをお試しください

Azure App Service:PHPランタイムのアップデート

 ウェブアプリやモバイルバックエンドのためのPaaSであるAzure App Serviceは、.NET、Node.js、Python、Javaに加えてPHPもサポートしています

 最近の重要なセキュリティアップデートに対応するため、Azure App Serviceが提供するPHPのランタイムのバージョンがアップデートされます。Azure App ServiceにPHPアプリケーションをデプロイしている方は、アップデート後のバージョンで自分のアプリケーションが正しく動作することを確認してください。

ランタイムのバージョン 現在のバージョン アップデート後のバージョン
 5.4 5.4.45 5.4.45 
 5.5 5.5.36 5.5.38
 5.6 5.6.22 5.6.24
 7.0 7.0.7 7.0.9

 なお、Azure Blogのポスト「Azure App Service: PHP 7.0 のサポート開始と PHP 5.4 のサービス終了に関するお知らせ」でお知らせしているように、近日中にAzure App ServiceでのPHP 5.4のサポートを終了する予定ですので、ご注意ください。そのため、PHP 5.4は、今回のセキュリティアップデートの対象に入っていません。


Azureポータルでの、Azure App ServiceのPHPランタイムバージョンの指定

 また、今年7月にリリースされた、新たにPHP 7.0をサポートするMicrosoft Drivers for PHP for SQL Serverの最新バージョン4.0が、既定で有効化されるようになりました。既定で有効化されるデバッグツールXDebugのバージョンが、2.2.4から2.4.0にアップデートされました。

 詳細は、Azure App Service Team Blogのポスト「PHP runtime and extension updates including potentially breaking changes」を確認してください。

Azure SQL Database:JSONサポート (一般提供)

 SQL Server 2016では、新たにJSONのサポートが追加されました

 SQL ServerベースのデータベースサービスであるAzure SQL Databaseは、SQL Server 2016のさまざまな新機能をサポートしつつあります。今年3月にJSONサポートのパブリックプレビューがリリースされており、それが今回GA(一般提供)になりました

 Azureには、JSONをサポートしたドキュメント指向のNoSQLデータベースサービスであるAzure DocumentDBもあります。すべてのデータがJSON形式の場合は、Azure DocumentDBをオススメします。一方、リレーショナルデータベースに部分的にJSON形式のデータを格納したい場合や、リレーショナルデータをJSON形式で読み書きしたい場合には、Azure SQL DatabaseのJSONサポートが便利でしょう。

 詳細は、Azure Blogのポスト「JSON support is generally available in Azure SQL Database」、Azure SQL Databaseのドキュメント「Getting started with JSON features in Azure SQL Database」、SQL Serverのドキュメント「JSON Data」を確認してください。


SQL Server 2016/Azure SQL DatabaseのJSONサポート

Azure SQL Data Warehouse:東日本リージョンでの一般提供

 データウェアハウスサービスである「Azure SQL Data Warehouse」は、今年7月にGA (一般提供)になっていましたが、残念ながら東日本/西日本リージョンではまだGAになっていませんでした。

 今回、Azure SQL Data WarehouseがGAになっていなかった東日本リージョンを含むいくつかのリージョンで、Azure SQL Data Warehouseが新たにGAになりました。西日本リージョンでは、依然としてGAになっていないことにご注意ください。


西日本リージョンではまだGAになっていないAzure SQL Data Warehouse

 それではまた来週。

佐藤直生 (さとうなおき)
1999年から、OracleでJava、アプリケーションサーバ、開発ツールなどのエンジニア/テクニカル エバンジェリストを担当後、2010年9月にMicrosoftに入社。Microsoft Azureの黎明期からエバンジェリスト/テクノロジストとしてAzureを担当。オライリーなどの技術書の監訳、翻訳も多数。
ブログ: https://satonaoki.wordpress.com/
Twitter: https://twitter.com/satonaoki

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]