ブロックチェーン

先行者利益が高いブロックチェーン--GLOCOM(前編)

松下康之 2016年09月29日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)は9月8日、「ブロックチェーン・イノベーション2016」と称したセミナーを開催した。日本マイクロソフト、日本銀行、経済産業省、東京大学、ヤフージャパン、日本IBM、MITメディアラボの研究員など多彩な登壇者をそろえてブロックチェーンの可能性や安全性、未来などについての解説した。

 まず「ブロックチェーンの概要と可能性」というセッションで登壇したのは、GLOCOM のブロックチェーン経済研究ラボの代表を務める高木聡一郎氏だった。高木氏はブロックチェーンの基礎的な概要を振り返った後で、ブロックチェーンのビジネスモデルとしての可能性やさらに単なる電子通貨としてのブロックチェーンの応用だけではなくスマートコントラクト(契約の自動化)などのユースケースに広がり始めていると解説した。その中で特に5つのキーワードを挙げ、ブロックチェーンが今後、社会の中で使われていくに伴って考慮しなければいけない多面的な視点を解説した。


ブロックチェーン経済研究ラボ代表、高木聡一郎氏

 最初に挙げたのは自律分散型組織(Distributed Autonomous Organization:DAO)でブロックチェーン使って企業の成り立ちを変え、これまでの企業組織にみられる規約などに縛られるのではなく参加する人員が自律的に分散された仕組みとして組織を再定義するもので、例としてArcade Cityというライドシェアのサービスを紹介した。

 これはEthereumをバックエンドの仕組みとして利用するもので参加するドライバー自身が所有する企業であるという。UberやLyftのように管理する企業体と契約を行って所属するのではなくドライバー自身が価値を提供し、それに対する対価を得る時に自由に価格を設定したり、サービスの内容を変更できるという。



ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算