IoT資源の共有プラットフォームに関する研究を開始--大阪大学とTIS

NO BUDGET 2016年11月04日 08時32分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TISは11月1日、大阪大学サイバーメディアセンター応用情報システム研究部門と共同で「IoT(Internet of Things)資源の共有プラットフォームに関する研究」を開始したと発表した。

 今回の共同研究では、サイバーメディアセンターのグリッドやクラウドなどの広域分散計算技術を活用した情報ネットワーク技術に関する研究実績と、TISとサイバーメディアセンターで2015年度から共同研究を開始しているネットワーク制御やネットワークセキュリティ、認証技術に関する研究実績を適用することで、シェアリングエコノミーの発想を応用したIoT資源を共有できる参加型プラットフォーム 「Sharing Economy of Things Platform(SEoT基盤、シェアリングエコノミー共通基盤)」の実現を目指す。

シェアリングエコノミー共通基盤のイメージ(TIS提供)
シェアリングエコノミー共通基盤のイメージ(TIS提供)

 シェアリングエコノミー共通基盤は、センサーや計算資源・サービスなどのさまざまなリソース(IoT資源)を提供する「IoT資源の所有者」と、そのIoT資源を活用してサービスを企画する「サービス提供者」を結び付ける参加型プラットフォームという。

 まず、IoT資源の所有者が、IoT資源と条件(開示範囲や利用条件など)を「シェアリングエコノミー共通基盤」に登録する。そして、これらの活用を検討するサービス提供者が、シェアリングエコノミー共通基盤に登録済みのIoT資源に対して利用申告した上で、そのIoT資源を活用した新たなサービスを容易に提供することが可能となる。

シェアリングエコノミー共通基盤と各プレーヤーの相関図(TIS提供)
シェアリングエコノミー共通基盤と各プレーヤーの相関図(TIS提供)

 今回の共同研究では、このシェアリングエコノミー共通基盤のプロトタイプの開発を目指すほか、実際の適用シーンを想定して、サービス化の実現性やセキュリティやネットワーク要件が適合するかも研究を通じて検証していくとのこと。

 TISでは、今回の共同研究の成果を活用し、さまざまなプレーヤーが提供するIoT資源を共有できるシェアリングエコノミー共通基盤を実現することで、他のプレーヤーが登録した余剰リソースの有効活用や、IoT資源の活用によるサービス提供までの時間短縮と初期コストの低減、IoT資源を副次利用することでのサービス範囲の拡大など、IoT時代に適合したメリットあるサービス提供の活性化を目指すとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算