MS、「SharePoint Server 2016 Feature Pack 1」のダウンロード提供を開始

Mary Jo Foley (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2016-11-09 12:32

 Microsoftは米国時間11月8日、「SharePoint Server 2016」向けでは初となるFeature Packのダウンロード提供を開始したと発表した。

 同社は9月に、「SharePoint Server 2016 Feature Pack 1」の一般提供を11月に開始すると発表しており、これには管理者向けの新機能とエンドユーザー向けの新機能の双方が含まれるとしていた。

 Feature Pack 1では管理者向けに、管理操作の情報をよりきめ細かくログに記録する機能が追加されるとともに、「MinRole」機能が強化され、より小規模なユーザー環境にも対応できるようになっている。

 エンドユーザー向けとしては、「OneDrive for Business」の新しいインターフェースや、SharePointアプリ起動ツールのカスタムタイル、ハイブリッド監査機能およびハイブリッド分類機能のプレビュー版、オンプレミスのSharePoint向け「OneDrive API」が利用可能になっている。

 Feature Pack 1は、SharePointユーザーであれば無料で利用可能だ。ただ、OneDrive for Businessに対する新たなサポートといった一部の機能は、ソフトウェアアシュアランスを契約している顧客のみが利用可能となっている。

 SharePoint 2016の提供が、MSDNメンバーおよびボリュームライセンス契約者に向けて開始された5月の時点で、同社は2017年にSharePoint向けの新たなアップデートを含むFeature Packを少なくとも1つ提供する予定だとしていた(このため、SharePointチームの進捗は予定より早いと言える)。


提供:Microsoft

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]