編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら
さとうなおきの「週刊Azureなう」

【Azureなう 12/22号】英語版りんながデビュー - (page 3)

佐藤直生

2016-12-22 16:19

Docker for Azure:パブリックベータをリリース

 Docker社が提供する「Docker for Azure」は、Azure上でのDocker Swarmクラスタ環境の容易にするARM(Azure Resource Manager)テンプレートを提供します。ARMテンプレートを使うと、GUIのAzureポータルやコマンドラインで、多数の仮想マシンから構成される複雑な環境を簡単に構築できます。

 Docker for Azureは、6月のDockerCon 2016で発表され、プライベートベータがリリースされていました。そして今回、Docker for Azureのパブリックベータがリリースされました。最新のDocker for Azure 1.13.0-rc4-beta14は、Docker Engine 1.13.0-rc4をベースにしています。

 詳細は、Docker Blogのポスト「Docker For Azure Public Beta」、記事「Docker、『Docker for Azure』のパブリックベータ版を公開」「Docker for AWS & Azure Public Beta」サイト、ドキュメント「Docker for AWS and Docker for Azure beta」「Docker and Microsoft」ページをご覧ください。


AzureポータルでのDocker for Azureの環境構築

Azure Service Fabric:Windowsコンテナをサポート

 マイクロサービス向けのプラットフォームを提供する「Azure Service Fabric」 で、Windows向けのSDK 2.4.145、ランタイム 5.4.145がリリースされました。このリリースでは、次の新機能がサポートされています。

  • Windows Server 2016のWindowsコンテナのサポート(プレビュー)
  • ASP.NET Core向けの通信リスナー(プレビュー)
  • Visual Studio 2017 RCのサポート
  • アクターの増分バックアップ
  • ETW経由での正常性、負荷のレポート
  • ノードクエリでのNodeDownTimeフィールドの追加
  • アプリケーションタイプクエリでの状態フィールドの追加

 Linux向けのAzure Service Fabricでは、すでにLinuxベースのDockerコンテナがサポートされているので、今回のアップデートでLinuxでもWindowsでもコンテナをデプロイできるようになりました。

 サービスマニフェスト(Azure Service Fabricの「サービス」を定義する設定ファイル)で、次のようにコンテナホスト、Dockerイメージのリポジトリ、イメージ名、バージョンを指定することで、Dockerイメージを基にしたサービスを定義できます。


 詳細は、Azure Service Fabric Team Blogのポスト「Release of SDK 2.4.145 and Runtime 5.4.145 for Windows」、ドキュメント「Preview: Deploy a Windows container to Service Fabric」をご覧ください。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]