さとうなおきの「週刊Azureなう」

【Azureなう 12/22号】英語版りんながデビュー - (page 2)

佐藤直生

2016-12-22 16:19

Microsoft Cognitive Services:新サービス「QnA Maker」を発表

 インテリジェントなAPI群を提供する「Microsoft Cognitive Services」の新しいサービス/APIとして「QnA Maker」が発表され、プレビューがリリースされました。

 QnA Makerでは、自然な会話形式でユーザーからの質問に答えるAIを簡単に提供できます。既存のFAQが含まれているURLやファイルからFAQを抽出し、さらに訓練して、最終的にはREST APIとして公開できます。そして、チャットボットやウェブアプリなどから、QnA MakerのREST APIを簡単に呼び出すことができます。

 詳細は、Bot Framework Blogのポスト「More Ways to Make Smart Bots」をご覧ください。


QnA Makerで既存のFAQのURLから抽出したFAQ一覧

新しいロケーションベースサービスの開発意向を表明

 Microsoftは、地図/地理データ関連のテクノロジに強いTomTom、HERE、Esriと提携し、Azureで新しいロケーションベースサービスを提供する方針を発表しました。

 詳細は、Official Microsoft Blogのポスト「As location data grows, Microsoft partners with mapping companies to build next world graph」、記事「マイクロソフトがHERE、TomTom、Esriと提携--『ワールドグラフ』の構築に向け」をご覧ください。

Azure DocumentDB:変更フィードをサポート

 ドキュメント指向のNoSQLデータベースサービス「Azure DocumentDB」が、新たに「変更フィード」をサポートしました。

 変更フィードは、DocumentDBコレクション内で更新されたドキュメントの、更新順にソートされたリストを提供します。更新フィードを使うと、ドキュメントの追加、更新時に次のようなことを行えます。

  • API呼び出しを行う
  • リアルタイム処理(ストリーム処理)を実行する
  • キャッシュ、検索エンジン、データウェアハウス内のデータと同期する

 詳細は、更新情報「DocumentDB: Change Feed support」、Azure Blogのポスト「Introducing Change Feed support in Azure DocumentDB」、ドキュメント「Working with the Change Feed support in Azure DocumentDB」をご覧ください。


Azure DocumentDBの変更フィード

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]