コミュニケーション基盤をCMSで--海外展開中の成長企業がウェブサイト刷新

日川佳三 怒賀新也 (編集部) 2017年01月05日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人材派遣などを手がけるアウトソーシングは、ホームページとなるウェブサイトを刷新するためのツールとして、サイトコアのコンテンツ管理システム(CMS)「Sitecore Experience Platform」(SXP)を採用した。SXPの導入にかかった期間は2~3カ月で、まずは既存のコンテンツを移行した。

 新しいウェブサイトは2017年3月に公開する。まずは本社のウェブサイトを刷新し、2017年3月以降、国内や海外の関連会社、全75社にもSXPを随時展開していく。1年当たり20~30社のウェブサイトをSXPに移行する予定だ。

真鍋謹志氏
アウトソーシング 経営管理本部 総務部 部長 真鍋謹志氏

 同社にとってのSXPのメリットは、情報発信やコミュニケーションのための基盤として優れていること。現場の管理者の誰もが簡単にコンテンツを作成して公開できる。マーケティングのための機能も備えており、ターゲットの属性や閲覧履歴に応じてコンテンツを動的に変更できる。

 CMSの選択で迷うことはなかったという。アウトソーシングで経営管理本部総務部部長を務める真鍋謹志氏は、そう言い切る。「ウェブ、コンテンツ管理、ガバナンスの3ワードで検索したら、一番上にサイトコアが表示され、それで即決した。自分でサイトコアに電話をかけた」(真鍋氏)

事業規模の拡大に合わせて情報発信が重要に

 アウトソーシングは近年、企業買収によって事業規模を拡大してきた。元々は製造業向けの派遣業務を手がけていたが、企業の買収によって医薬系やIT系など、カバーする業種を増やしていった。海外にも目を向け、海外の企業も買収していった。

 あまりにも事業拡大のスピードが早かったため、投資家や従業員(他社に派遣する労働者)に、グループ会社が増えていっていることや会社の存在意義などをより広く知ってもらう必要があった。アウトソーシングに所属しているのに、自社のことが分からないという事態になりかけていたからだ。

 こうした背景の下、ウェブサイトを使った情報発信に注力する戦略を立てた。マーケティング対象を明確化し、まずは投資家と従業員という「身内」のためのウェブサイト構築に踏み切った。「数撃ちゃ当たるというスタンスではなく、投資家や従業員が“本当に見たいと思える情報”だけを発信する」(真鍋氏)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算