編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

「CES 2017」で登場したユニークなIoT/スマートホーム製品--写真で見る - 4/11

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2017-01-14 07:00

Mayfield Roboticsのロボット「Kuri」

 Mayfield Roboticsは「CES 2017」で、699ドルのスマートホームロボット「Kuri」を発表した。このロボットは背景情報と周囲の状況を理解し、特定の人物を認識し、表情や動きを用いて呼びかけに応える。

 Kuriには、周囲の状況を認識するためにマイクや、1080pの組み込みカメラ、センサが多数搭載されている。このためユーザーは、「IFTTT」プロトコルを用いて特定の作業をKuriに実行させたり、あらかじめプログラムされている機能(音楽やポッドキャストの再生や、仕事に遅刻しないようにするアラーム、留守宅の監視など)を利用することもできる。

Mayfield Roboticsのロボット「Kuri」

 Mayfield Roboticsは「CES 2017」で、699ドルのスマートホームロボット「Kuri」を発表した。このロボットは背景情報と周囲の状況を理解し、特定の人物を認識し、表情や動きを用いて呼びかけに応える。

 Kuriには、周囲の状況を認識するためにマイクや、1080pの組み込みカメラ、センサが多数搭載されている。このためユーザーは、「IFTTT」プロトコルを用いて特定の作業をKuriに実行させたり、あらかじめプログラムされている機能(音楽やポッドキャストの再生や、仕事に遅刻しないようにするアラーム、留守宅の監視など)を利用することもできる。

提供:Mayfield

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]