編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

NTTドコモ、顧客向けネットワークの仮想化システムに自動プロビジョニングを導入

NO BUDGET

2017-02-28 15:55

 米Cisco Systemsは2月23日、NTTドコモがネットワーク機器のプロビジョニング自動化に「Cisco Network Services Orchestrator」(NSO)を採用したと発表した。

 Cisco NSOは、物理機器や仮想化システムにとらわれず、サービスのプロビジョニングをシンプルに自動化するソフトウェアプラットフォーム。NTTドコモは2016年、利用者への通信サービスを提供するコアネットワークに仮想化システム(NFV)を導入したが、ネットワーク機器のプロビジョニングが複雑かつ煩雑で、膨大な作業時間がかかることが課題となっていた。

 今回の導入でサービス提供までの時間を、数日から数時間に短縮することが期待でき、サービスライフサイクルの自動化によって手動による設定作業を最大90%削減できるとしている。また、サービスの構築、修正、停止に関わる変更を即座にネットワークへ反映できるようになる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]