編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

個人情報の保護と活用でトークン化のサービス--PwCとHPEが協業

ZDNet Japan Staff

2017-03-06 16:52

 PwCコンサルティングと日本ヒューレット・パッカード(HPE)は3月6日、個人情報を保護するサービス「トークン化セキュリティソリューション」の提供を始めた。国内外で規制強化が進む個人情報保護への対応を支援する。

 同サービスでは、HPEが開発したデータを乱数によって関連性のない文字列に変換する「HPE Security - Data Security」を利用し、企業が保有する個人情報の保護と活用を両立できるように支援する。PwCコンサルティングは、個人情報の保護強化を目指す企業向けに、現状分析や方針の策定、HPE Security - Data Securityの導入などを手掛ける。

 国内では5月30日に改正個人情報保護法が施行され、全ての企業に個人情報の適切な保護や管理が求められるほか、個人情報を復元不可能な形に加工することによる活用ができるようになる。また、欧州でEU一般データ保護規則(GDPR)が導入されるなど、海外でも個人情報保護やプライバシーへの配慮がより厳格化される状況にある。

 2社はこうした動きに対応する企業にサービスを提供する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]