編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

インテル、「3D XPoint」メモリ採用の「Optane SSD DC P4800X」発表

Chris Duckett (ZDNet.com.au) 翻訳校正: 編集部

2017-03-21 13:55

 Intelが米国時間3月19日、初の「Optane 3D XPoint」ストレージ製品となる「SSD DC P4800X」を発表した。データベーストランザクションは最大で10倍高速になるとしている。

提供:Intel
提供:Intel

 Optaneは同日より、初期出荷プログラムの顧客向けに375Gバイトのアドインカードとして提供を開始している。2017年下半期にはさらなる容量やフォームファクタが用意されるとしている。750Gバイト、1.5Tバイトのカード、またU.2ドライブとしても展開される。

 Optane SSD DC P4800Xは、標準のSSDを置き換えるものとして、スピード以外にメモリの拡張としての利用も強調している。

 「Xeon」チップの「Memory Drive Technology」と組み合わせることで、Octane SSDはDRAMとともにメモリプールでも利用することもできる。OSや特定のアプリケーションを調整する必要はない。

 Optaneはアナリティクス、機械学習、インメモリデータベースなどで有用だとIntelは述べている。

 Intelは将来的に、3D XPoint技術をベースとしたメモリモジュールも製造する予定としている。

 Lenovoは2016年末、Optaneを搭載した「ThinkPad」ノートPCラインの製品を最初に出荷すると述べていた。だが、Optaneドライブは16Gバイトにすぎないことから、通常のドライブも平行して使うことになる。

 1月初め、Intelは200シリーズのチップを搭載し、M.2スロットを持つマザーボードを、「Optane Memory Ready」として売り込む計画を明らかにしていた。


提供:Intel

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]