編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
IBM InterConnect

WatsonとIBM Cloudの導入事例を観察--IBM InterConnect - (page 3)

末岡洋子

2017-03-24 07:30

クラウドファウンディングのIndiegogoとIoTビジネスの課題に取り組む

 WatsonとIoTでは、クラウドファウンディングのIngiegogoとの協業も発表した。IndiegogoでIoTデバイスプロジェクトの出資を募る起業家は、無事出資を得られ後、IBMのWatsonを使ったコグニティブ、セキュリティ、IoTクラウドを無料で利用できるというものだ。

 Indiegogoは2008年に立ち上がったクラウドファウンデイングサービス。共同創業者で現在、最高ビジネス責任者を務めるSlava Rubin氏は、「資本へのアクセスを民主化したかった」と創業の経緯を語る。これまでに72万件以上のプロジェクトがローンチされ、合計で11億ドル以上の出資が集まった。233カ国とほぼ世界の全ての国から貢献があったという。70カ国以上に毎週資金を送っているとのことだ。

 Rubin氏が感じているトレンドが、IoTプロジェクトの増加。だが、ソフトウェアとディストリビューションで課題にぶつかる起業家が多いと感じていた。IBMとの提携はこれを受けてのもので、ディストリビューションではArrowと提携している。

 ステージでは、皿の上の食べ物の栄養成分を分析するインテリジェントなプレート(皿)「SmartPlate」、水の汚染をモニタリングする「WaterBot」、低価格のロボット「Q.bo」の3プロジェクトが紹介された。InterConnect会期中、来場者がアプリを使って3プロジェクトのどれかに投票すると1票につき1ドルをIBMが寄付する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]