編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

オラクル、クラウドとオンプレミスストレージを融合する「ZFS Cloud」を発表

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-03-30 10:41

 Oracleは米国時間3月29日、IaaSプロバイダーとしての位置付けを強化する新たなサービスの展開を発表した。このサービスはパブリッククラウドサービスと、高性能なオンプレミス上のストレージを直接融合するという、競合他社にはまねのできないものだ。

ZFS Cloud

 具体的にはこのサービスは、「Oracle Storage Cloud」と、高い性能を誇る「Oracle ZFS Storage Appliance」に搭載されている「Oracle ZFS Cloud」ソフトウェアを連携させるというかたちで実現される。

 OracleのストレージおよびクラウドのIaaS担当バイスプレジデントであるSteve Zivanic氏は米ZDNetに対して、「われわれは、『iPhone』を手にとってクリックするだけで『iCloud』が使えるようになるのと同じくらい、クラウドストレージを実質的にシンプルなものにした」と語っている。

 同氏は、ハイブリッドクラウド戦略を採用する企業が増加しているものの、そうした企業は「それが(ストレージプロバイダーによって)いかに複雑なものにされているかを理解していない」場合も多いと述べている。

 他のパブリックプロバイダー(大手としてはAmazonやGoogle、Microsoftが挙げられる)は高性能のオンプレミスストレージを提供していない。一方、日立製作所やHewlett Packard Enterprise(HPE)といったオンプレミスストレージプロバイダーはパブリッククラウドサービスを提供していない。

 その結果、顧客はハイブリッドクラウドソリューションを構築するために外部クラウドゲートウェイを購入しなければならなくなっている。また大抵の場合、顧客自身のインフラプラットフォームからパブリックストレージにアクセスするための権利を、「クラウドに対するアクセスライセンス」という名目でハードウェアベンダーから購入することになる。

 Zivanic氏は、「これによって価値が付加されるわけではないため、人々はより直接的な道を模索し始めている」と述べている。

 またZFS Cloudは、オンプレミス環境とクラウド環境をサポートするための一貫したセキュリティ要件とサポートチーム、標準、スキルセットを使用できるようにすることで、企業のインフラ管理を合理化できる。

 Zivanic氏は「データの遅延や破損、損失が発生した場合、(中略)われわれはオンプレミスのデータセンターからパブリッククラウドに至るまでの複数のPoP(接続拠点)から問題を選別できる」と述べている。これに対して、顧客が複数のクラウドを管理するというアプローチを採っている場合、分断化されたサポートしか期待できないだろう。パブリッククラウドのプロバイダーは、オンプレミスのデータセンターに対する可視性を有していないのだ。

 また同氏は、「われわれはハイブリッドITを真の意味で統合しようとしている。これは、各パーツを分解してその重荷をシステムインテグレーターとなる顧客に背負わせるのとはまったく逆のことだ」とも述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]