CIOが人事部門と連携すべき理由

CIOが人事部門と連携すべき理由--採用戦略に関わる必然性 - (page 2)

多田洋祐(ビズリーチ) 2017年04月21日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネスモデルが短命化するなかで即戦力を求める動き

 人材獲得競争激化の背景として、ビジネスモデルの変化も挙げられます。企業が一つのビジネスモデルで30~40年と存続できたこれまでとは異なり、企業の平均寿命は20年とも言われる時代となりました。

 企業が存続し続けるためには、1つのビジネスモデルにしがみつくのではなく、変わり続けなければならないということは、多くの方が感じていることと思います。


 そのため、経営層をはじめとした即戦力となる人材を、社外から幅広く採用する動きが激しくなり、新しい職種が生まれています。それが、優秀な人材を採用するための採用に特化した専門職「プロ・リクルーター」です。

 2015年に、米国の男性向けプレミアム・ライフスタイルサイト「The Cheat Sheet」の記事でも、2030年に必要とされる職業トップ10に「リクルーター」がランクインしHR業界で話題となりました。この動きは海外にとどまらず、外資系企業を中心に日本においてもみられるようになっています。

今、企業から求められる人材とは

 このようななかで、企業のプロ・リクルーターや経営者から求められているのが労働生産性の高く、成果をすぐにあげることが可能な「プロ人材」です。

 われわれも、企業や自治体がプロ人材を採用して大きな成長を遂げた事例を数多くみてきました。例えば、老舗企業が事業戦略の転換をしたり、地方のホームセンターがEC分野を立ち上げV字回復をしたりと、プロ人材が事業の中核となり活躍しています。

 最近では、内閣府が「プロフェッショナル人材戦略事業」を展開し、都市部のプロ人材を地方企業が採用し、攻めの経営に転じられるような取り組みを実施していることからも、国として優秀な人材の流動化に注目していることは言うまでもありません。

プロ人材は社内で育成できないのか

 もちろん、社内でもプロ人材は育成はできますし、継続的な教育投資育をおろそかにはできません。一方で現在のマーケット変化に対して育成は、時間もかかり難度も高いため、多くの企業が事業戦略上必要な人材を外部から採用する気運が高まっているのです。

 しかし、日本の有効求人倍率は高止まりを続けており、現状は甘くありません。

 中小企業庁の調査でも約4割の企業が「必要な人材を確保できていない」と回答していることからも、日本国内における採用の難しさがうかがえます。

 一部の就活人気ランキングに名を連ねるような企業以外は、自社に最適な人材を採用するために汗をかかなければならないというのが現状です。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算