CIOが人事部門と連携すべき理由

CIOが人事部門と連携すべき理由--採用戦略に関わる必然性

多田洋祐(ビズリーチ) 2017年04月21日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビズリーチで取締役を務める多田洋祐です。われわれは、HRテック(Human Resource×Technology)のベンチャーとして、これまで6000社以上の採用業務を支援してきました。そのなかで多くの企業から、「経営変革のために外部から人材を採用したい」「従来の手法では採用が難しい」などの相談をいただいてきました。

 近年、産業構造の変化や労働力人口の減少などにより、人材獲得競争がますます激しさを増しています。また、テクノロジの進化を背景に、ここ数年で採用手法も急速に多様化しています。

 つまり、企業が人材獲得へ向けて自由に競争できるようになった一方、今までの採用手法のまま「受け身」の姿勢では優秀な人材の獲得が極めて難しくなっているのです。

 そこで今回は、「最高情報責任者(CIO)が人事部門と連携すべき理由」を説明するために、まずは産業構造やビジネスモデルの変化から人材獲得競争の背景をひもとき、現在の企業で必要とされている人材像について紹介します。

日本の産業構造の変化


 昨今の人材獲得競争が激化する背景には、日本の産業構造の変化があります。総務省「産業(3部門)別15歳以上就業者数の推移」によると、戦後の日本では、製造業や建設業を含む第2次産業が全産業の30%強を占め、商業やサービス業を含む第3次産業は45%程度にとどまっていました。

 しかし、2000年代から始まったインターネットの普及に伴い、状況は大きく変化しました。直近では、第2次産業が全産業に占める割合は20%台に下がり、第3次産業が約70%を占めるまでに変化しているのです。

 この産業構造の変化は、日本だけではなく今から30年前の米国でも起こっています。1980年代までの米国は製造業が隆盛でした。しかし、急速に広まったグローバル競争の影響で、労働力の安い国から安価な製品が出てくるようになります。

 米国のメーカーはダウンサイジングを迫られ、ブルーカラーの労働力を海外に移転する必要に迫られました。実際、80年代から90年代にかけて、第2次産業の企業が減っていき、第3次産業の中心となるサービス業や金融業が増えていきます。

 大規模な設備投資や原材料が必要である製造業を中心とした第2次産業より、サービス業を含む第3次産業のほうが従業員のパフォーマンスによるビジネスへの影響が大きいため、結果として人材の力が経営に直結する時代になってきました。

 現在の日本でも同様の変化が起こり、「企業経営における採用力=経営力」と言っても過言ではなく、より人材の重要性が説かれる時代となってきているのです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算