編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧
調査

2017年世界IT支出予想を下方修正--ガートナー

Natalie Gagliordi (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2017-04-17 12:00

 Gartnerが2017年の世界IT支出の予想を下方修正した。米ドルの上昇や継続的なサーバ市場の鈍化などが要因という。

 世界IT支出は2016年に減少したが、2017年は約2.7%増加するとGartnerは予想していた。しかし最新の予測では、この成長率を1.4%としている。エンタープライズ顧客によるクラウドの採用が増加していることや、米ドル上昇の影響を原因として挙げている。

 Gartnerは現在、2017年の世界IT支出を前年比1.4%増の3兆4600億ドルと予想している。


 Gartnerによると、大企業は従来のベンダーからサーバを購入するのではなく、AmazonやMicrosoftなどが提供するクラウドサービスの利用を選択する傾向にあるという。このことがサーバへの支出の減少につながり、データセンターシステム分野全体に影響を与えている。

 一方、エンタープライズソフトウェア分野は堅調だ。Gartnerは、年間の支出が前年比5.5%増の3510億ドルになると見込んでいる。データセンターシステム分野への支出額の2倍以上となる。サーバやストレージ、ネットワーキングといったデータセンター機能の仮想化が進む傾向を反映しているとGartnerは述べている。

 通信サービス分野は、前年から0.3%減少して1兆3700億ドルになると予想している。この分野は2018年に増加に転じ、前年比1.3%増の1兆3900億ドルになると見ている。PC、プリンタ、スマートフォン、タブレットなどを含むITデバイス市場への支出は2017年、1.7%増加して6450億ドルになると予想している。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]