編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

富士通、Society5.0を見据えた「ものづくりデジタルプレイス」を販売開始

NO BUDGET

2017-05-15 07:45

 富士通は5月9日、ものづくりデジタルプレイス「FUJITSU Manufacturing Industry Solution COLMINA」(COLMINA)を販売開始すると発表した。2020年度にCOLMINA関連ビジネスで売上2000億円を目指す。

 COLMINAは、製造業におけるサービスおよび設計、製造、保守など、ものづくりのあらゆる情報をつなげる仕組みを体系化したもの。工場における人、製造物などの位置情報や設備情報だけでなく、ものづくり全般に関わる業務システムやノウハウの連携、さらに企業間でのサプライチェーン連携などを実現する。


ものづくりデジタルプレイス「COLMINA」の体系図

 富士通では、日本政府が超スマート社会Society5.0の実現に向けた「Connected Industries」を表明する中、長年にわたり、自社の製造経験やシミュレーションを活用したバーチャルなものづくりによる業務の効率化を進めてきた。COLMINAは、同社のものづくりノウハウを搭載し、超スマート社会Society5.0の実現にもつながる、ものづくりプラットフォームとして位置づけられる。

 COLMINAは、製造業向けの多種多様な業務サービス群「FUJITSU Manufacturing Industry Solution COLMINAサービス」(COLMINA サービス)、作業員のバイタルや製造物の位置などのセンサ情報、設備機器の稼働情報を収集・処理する「FUJITSU Manufacturing Industry Solution COLMINAエッジ」(COLMINAエッジ)、「COLMINAサービス」と「COLMINAエッジ」を連携する「FUJITSU Manufacturing Industry Solution COLMINAプラットフォーム」(COLMINAプラットフォーム)で構成されている。

 COLMINAサービスは、富士通が既に提供している製造業向けのサービスも含めて150種のサービスを擁する。7月より、第一弾として、25種類のサービスを順次提供していく。


「COLMINA」のサービス一覧

 提供されるサービスの中の「仮想大部屋」は、設計情報や解析結果、製造部門との検討内容などの製品開発に関わるノウハウをデジタルに管理し、コンピュータとのやりとりで必要な情報をいつでも引き出せる仕組みを提供する。また、「トリアージ」は、チョコ停が起こった時に現場の状況をリアルタイムに把握し生産計画をリスケジュールする。対応優先順を提示し、遅延することなく生産を進めるための仕組みを提供する。

 COLMINAエッジは、さまざまな設備機器のデータを収集し、最適なデータフォーマットの変換処理を行い、「COLMINA」上の各種サービスとのデータを連携する。機器との連携には、他社が提供するエッジプラットフォームと連携するための仕組みを提供する。2017年下期より提供開始する。

 COLMINAプラットフォームは、製造業の新たなサービスを生み出す基盤。2017年7月より提供開始する。今後、様々な設備機器のデータを収集・分析するビッグデータ技術、RRI、IVIなどの団体との活動を通じて定義した標準データフォーマットを実装し、APIを通じて利用する。富士通のAI技術「Zinrai」のAPIも同基盤より提供する予定。

 富士通では今後、工場自動化に向けたコンサルティングサービスや、人材や企業同士のマッチングなどの人的サービスの提供も計画している。また、ベンチャー企業や他社がCOLMINA上でサービスを展開できる開発環境も提供する。

 各種サービスの利用価格は、個別見積り。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]