編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

富士通クラウドテクノロジーズ、ニフティクラウドにインターコネクト機能

ZDNet Japan Staff

2017-05-10 16:07

 富士通クラウドテクノロジーズは5月10日、パブリッククラウドサービスの「ニフティクラウド」で異なるリージョンを同一のネットワークで利用できるようにする「ニフティクラウド インターコネクト」構想を発表した。第1弾機能の「ゾーンコネクト」を6月7日から提供する。

 同社は、東日本、西日本、北米の3地域でリージョンを展開する。新構想により、稼働中のサーバリソースのリージョン間で移動させたり、異なるリージョンで同一のセキュリティポリシーによる管理をしたりできるようになる。

ニフティクラウド
ニフティクラウド インターコネクトのイメージ

 ゾーンコネクト機能は、リージョン内でサーバを収容するラックや電源、ストレージなどが物理的に分離されている「ゾーン」同士をレイヤ2でプライベート接続する。まず東日本リージョン(一部ゾーンは対象外)で開始し、順次西日本リージョンや北米リージョンにも拡大するほか、リージョンの異なるゾーン間の接続にも対応する予定。

 利用価格は月額1万円(税別)で、事前にプライベートLAN契約が必要になる。

ゾーンコネクト機能のイメージ''
ゾーンコネクト機能のイメージ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]