編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
ランサムウェア

ランサムウェア「Wannacry」感染の恐れがあるWindow端末、国内に数万台が存在

ZDNet Japan Staff

2017-05-18 19:47

 トレンドマイクロは5月18日、ランサムウェア「Wannacry」(別名:WannaCrypt、WannaCryptor、Wcryなど)に感染する恐れのあるWindows端末が世界に50万台以上存在するとの調査結果を公表した。国内にも数万台が存在するとしている。

 Wannacryは、感染先のコンピュータを暗号化してユーザーに身代金を要求するとともに、脆弱性が存在する別のコンピュータを探索して、自動的に拡散させる特徴を持つ

 感染先を探す際は、まずローカルもしくはグローバルのネットワークに接続されているコンピュータを無作為に抽出し、ポート445/TCPへの接続を試みる。接続に成功すると、Microsoftのセキュリティ更新プログラム「MS17-010」で修正されたWindowsのSMB v1の脆弱性の有無を確認し、脆弱性が存在する場合には攻撃ツール「EternalBlue」を使用して、Wannacry本体やバックドアのDOUBLEPULSARを仕掛ける。脆弱性が存在しない場合でも、先にDOUBLEPULSARが仕掛けられていれば、DOUBLEPULSAR経由でWannacryに感染させる。

ポート445/TCPを開放しているWindows環境の「Shodan」での検索結果(出典:トレンドマイクロ)''
ポート445/TCPを開放しているWindows環境の「Shodan」での検索結果(出典:トレンドマイクロ)

 トレンドマイクロの解析では、ポート445/TCPが開いていない場合は、Wannacryが攻撃対象にしないことが分かった。

 さらにインターネット検索エンジンの「Shodan」でポート445/TCPが開いているWindows端末を検索したところ、世界で50万台以上が見つかった。最も多いのは米国の19万6423台で、国内にも2万9289台が存在する。このうち7割以上のマシンがSMB v1を有効にしているとみられ、脆弱性が存在すればWannacryに感染する恐れがある。

 同社は、WannaCryが拡散する土壌が世界や国内に十分存在していたと指摘。今後も同様の脆弱性や感染中のDoublePulsar を狙った攻撃が続く可能性があるといい、MS17-010の適用やSMB v1の無効化を速やかに実施すべきと勧告している。

SMB
SMB v1 の使用が表示されている(出典:トレンドマイクロ)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]