編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
ランサムウェア

誰が何のために?--マルウェア「Wannacry」で残る3つの謎

國谷武史 (編集部)

2017-05-19 17:59

 5月12日に欧州で発覚したマルウェア「Wannacry」の大規模感染から1週間あまりが経過した。これまでの間に、世界中のサイバーセキュリティ機関やベンダーなどによる調査や分析からさまざまな事実が判明したが、それでもいくつかの謎が残されている。

疑問1. Wannacryはランサムウェアか? ワームか?

 Wannacryの素性で最初に広く認知されたのは、「ランサムウェア」としての顔だった。感染したWindows端末上のファイルを暗号化し、ビットコインによる身代金の支払いを要求する。

日本語による身代金要求メッセージ
日本語による身代金要求メッセージ

 一方で、短時間のうちに大規模感染を引き起す「ワーム」としての側面も浮上した。セキュリティ各社の解析から、Wannacryにはランサムウェアとワームの大きく2つの顔があり、ワームとしての機能には、4月中旬にハッカー集団「Shadow Brokers」が暴露した米国家安全保障局(NSA)の攻撃ツールや脆弱性情報が流用されていることも分かった。

 身代金要求画面を被害者に突き付けるWannacryの手口は、ここ数年、世界中で氾濫する典型的なランサムウェアの特徴であり、その意味では多くの人が、すぐにWannacryをランサムウェアだと認識した。一方でワームとしての活動は密かに実行され、その顔が知られるまでには、専門家らによる解析を待たなければならなかった。

 Wannacryが持つ2つの顔は、いったいどちらが正しいのか――これについては専門家の間でも見方が割れている。

 ランサムウェアとしての顔を注視するベンダーある解析担当者は、「Wannacryの問題を必要以上に深刻にとらえるべきではない」と話す。「パッチをあてる」「最新のセキュリティソフトを利用する」「データを適切にバックアップする」といった基本的な対策をしていれば、今回の出来事が、ランサムウェアとしては特別な脅威にあたらないとみる。

 一方でワームとしての顔を注視する専門家は、マルウェア攻撃が新たな段階に入ったと危機感を募らす。攻撃者は、Shadow Brokersが暴露した手法をいち早く取り入れてマルウェアを強化し、世界中に脅威を拡散させた。既に同様の手法で攻撃する別のマルウェアも出現し、Shadow Brokersのような存在がこうした脅威の元凶になり、セキュリティを提供する側にとっては、非常にやっかいな事態に陥ったとする意見が聞かれる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]