編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「MUFGはスタートアップファースト」--オープンイノベーションに注力する理由

山田竜司 (編集部) 飯田樹

2017-06-29 07:00

 各金融機関は、APIの公開などをはじめ、さまざまな形で「オープンイノベーション」のアプローチを用いてサービス開発や研究をしている。三菱UFJファイナンシャル・グループ(MUFG)は、アクセラレータ・プログラム「MUFG Digital アクセラレータ」を実施しており、第2期を開始したこの3月には、プログラムの拠点となるコワーキングスペース「MUFG The Garage」を設置した。

 拠点を設立した狙いは何か、また、拠点設置までにはどのような流れがあったのか。MUFG デジタル企画部 プリンシパルアナリストの藤井達人氏と、三菱総合研究所 経営コンサルティング事業本部 経営戦略グループ 兼 オープンイノベーションセンター 研究員 松田信之氏に聞いた。

--「MUFG Digital アクセラレータ」とはどんなプログラムか。

 藤井氏:このアクセラレータ・プログラムは、FinTechだけでなく、さまざまな技術を用いて金融領域でビジネスの立上げをねらうスタートアップ企業を対象とした事業化支援を行なうプログラムです。MUFGが主催していますが、事務局はMUFGのデジタル企画部と、三菱総合研究所、三菱UFJキャピタル、三菱UFJリサーチ&コンサルティングで運営しています。私はプログラムのファウンダー兼責任者として、全体的なプログラムの設計から、企画、運営まで基本的に全てに携わっています。プログラムのマーケティング活動やスタートアップ企業の誘致活動、海外に向けた活動の紹介もしています。

 松田氏:藤井さんがグランドデザインを描いて、それを具体的に落とし込むところをわれわれも支援して一緒にやっています。イベントの設計やスタートアップの集め方、メンタリングの方向性を設計しながら、実際に運営を回していくといった部分です。

--アクセラレータ以外での藤井さんの仕事は。

 藤井氏:オープンイノベーションの活動を全般的にやっています。例えば、API施策を担う「MUFG{APIs}」を3月に公開しましたが、API関連やMUFGコイン、スタートアップ企業への出資案件といったことがあります。それ以外にも、銀行としてのデジタルチャネル再構築といったプロジェクトも担当しています。

--MUFGは、メガバンクの中でも比較的早期にオープンイノベーションに取り組み始めたという印象があります

 藤井氏:国内ではわれわれが最初に動き出したと認識していますが、海外では金融機関がオープンイノベーションを取り入れる動きが比較的早くから進んでいました。特に北米の金融機関は動きが早く、すでに2013年ぐらいからFinTechをテーマとするコンテストが行なわれていました。

 私は中途採用で2013年の2月に入社し、新技術のリサーチや新事業開発を担当していました。しかし、自社で先端的な開発能力や技術を自前で持っているわけではないので、世の中のデジタル化についていくことの困難さを感じていました。そうした中で、スピードアップする方法として、われわれの企業リソースとベンチャー企業の技術やビジネスモデルを上手く組み合わせて、新しいことをいち早く実現していくという、オープンイノベーションの考え方を取り入れる方向に舵を切ったのが2014年の夏くらいです。

 社内で、数人の有志によるチームを作って、「Fintech Challenge 2015」というオープンイノベーションのビジネスコンテストを企画し、2015年の2月に実施しました。


MUFG デジタル企画部 プリンシパルアナリストの藤井達人氏(右) 三菱総合研究所 経営コンサルティング事業本部 経営戦略グループ 兼 オープンイノベーションセンター 研究員 松田信之氏(左)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]