編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
企業決算

レッドハットの第1四半期、売上高20%増--見通し上方修正

Stephanie Condon (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-06-21 12:42

 米Red Hatは米国時間6月20日、2018会計年度第1四半期(5月31日締め)の決算を発表した。アナリストらの予測を上回る結果となり、通年の見通しも上方修正している。

 OSSディストリビューションを主事業とするRed Hatは同期、純利益は1億200万ドル、1株あたり利益は56セントを計上した(非GAAPベース)。これは、前年同期の1株あたり利益50セントからの増加となる。売上高は6億7700万ドル、恒常為替レートでは前年同期比20%増となる。


 証券アナリストらの予想は、1株あたり利益が53セント、売上高は6億4800万ドルだった。

 サブスクリプションからの売上は5億9700万ドル、恒常為替レートで前年同期から20%増加した。この金額は、総売上高の88%を占める。

 内訳をみると、インフラ関連の製品のサブスクリプション売り上げは前年同期比14%増の4億5800万ドルとなった。アプリケーション開発関連及びその他の新技術からの売り上げは1億3900万ドル、前年同期から42%増加した(ともに恒常為替レートベース)。

 「Red Hatは重要な土台技術、クラウドの実用化技術を提供することができ、これが継続的に業績に好影響を与えている。顧客は我々の技術を利用して、ハイブリッドクラウド向けのインフラとアプリケーション開発プラットフォームを現代化し、管理できる」とRed Hatの最高経営責任者(CEO)、James Whitehurst氏はコメントしている。

 第2四半期については、非GAAPベースでの1株あたり利益は67セント、完全希薄化後発行済株式数は1億8100万株と予想している。売上高の予想範囲は6億9500万ドルから7億200万ドルという。

 通年では、1株あたり利益は2.66ドルから2.7ドル(非GAAPベース)、完全希薄化後発行済株式数は1億8000万株との予想を出している。売上高は、27億8500万ドルから28億2500万ドルの範囲と予想している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]