編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

サッポロドラッグストアー、「Cisco Spark」を採用--店舗と本社間の会議を効率化

NO BUDGET

2017-07-04 16:47

 サッポロドラッグストアーは、クラウド型コラボレーションサービス「Cisco Spark」を採用。北海道を中心とした店舗と本社間の会議を効率化させた。ネットワンシステムズが6月30日に発表した。

 北海道を中心にドラッグストア182店、調剤薬局10店を運営している。これまでは、隔月開催の全社会議で、北海道内の店舗責任者が一堂に会していたが、その移動や出張などに多くの時間とコストが掛かっていた。

 Cisco Sparkは、チャットやビデオ会議、「Cisco WebEx」と連携したウェブ会議が可能。スマートデバイスやPCなど異なる端末でも同一の環境で利用できる。サッポロドラッグストアーでは、トライアル後の本番環境利用でも再設定することなく運用している。

Cisco Sparkの利用概要
Cisco Sparkの利用概要(出所:ネットワンシステムズ)

 システムの利用を始めてからは、全社会議をウェブ会議で開催するようにし、店舗責任者は移動することなく各店舗や外出先で参加可能になった。さらに、店舗間や本社間の小規模の会議ではビデオ会議を用い、個別のやり取りはチャットを用いることで、場所を選ばずにコラボレーションを進められるようになった。

 従業員にはスマートフォンを新たに貸与しており、店舗内や外出先など、状況に応じてPCとスマートフォンを使い分けている。同社によると、移動や出張に掛かるコストや時間を削減し、従業員の生産性向上とワークライフバランスの改善が進みつつあるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]