海外コメンタリー

ITベンダーらとの付き合いで避けるべき10の過ち

Alison DeNisco (ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子 2017年07月12日 06時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IT分野のパートナー企業がいれば、目まぐるしいペースで変化する業務テクノロジに追随でき、業務目標を達成するための支援とすることができるだろう。しかし、こういったサードパーティーベンダーとの関係を模索し、維持していくなかで、おかしてしまいがちな過ちというものが存在する。本記事では、避けるべきこれらの過ちについて解説する。

会議中、笑顔で握手する人々
提供:Getty Images/iStockphoto

 IT関連のコンサルタント企業であるCapgemini North Americaの最高経営責任者(CEO)John Mullen氏は、「テクノロジや統合、オープンソースのツールはいずれも目まぐるしいペースで変化しているため、企業はこれらに取り組むうえでのパートナーとして、システムインテグレーターよりもビジネスインテグレーターに目を向ける必要がある」と述べるとともに、「変化のスピードがあまりにも速いため、一般企業が変化のペースに後れを取らないようにするのは困難だ。(このため)以前にもましてこうしたパートナーシップが必要となっている。パートナーシップを成功に導くには、変化にいかに備えるかを見極めたうえで、テクノロジに関する意思決定をより迅速かつ効率的に行う必要がある」と述べている。

 以下では、IT分野のパートナー企業との関係を模索し、維持していくなかで、避けるべき10の過ちを解説する。

#1:どのITプロバイダーも一律同様に扱う

 サードパーティーのパートナー企業には、ビジネスコンサルタントやテクノロジコンサルタント、ソフトウェアプロバイダー、テクノロジスペシャリストなどがある。Gartnerのリサーチ担当バイスプレジデントであるJulie Short氏は、「これらプロバイダーはそれぞれ異なるバックグラウンドや重点項目を持っている。また、提供できるサービスや成果物も異なっている」と述べたうえで、「こうした企業を同列に扱ったり、同じアプローチを適用したりするべきではない」と述べている。

#2:要件や目標を明確に定めていない

 Short氏は、企業は業務やテクノロジの面でどのようなニーズを抱えているかや、最終的なデジタル変革目標を洗い出せるようでなければならないと述べたうえで、「ITプロバイダーは顧客の期待に応え、成果を達成するためにできるだけ多くの情報を必要とする」とし、「このような情報を提供できない場合、その旨をプロバイダーに伝える必要がある」と付け加えている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算