編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

Enterprise Ethereum Alliance、メンバー組織が150超に--シスコらも新たに参加

Asha McLean (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2017-07-20 13:04

 Enterprise Ethereum Alliance(EEA)は、新興企業を含む企業や大学、技術ベンダーをブロックチェーン技術「Ethereum」の問題の専門家と結びつける構想に、新しく34社のメンバー企業を受け入れている。

 Ethereumベースの技術のベストプラクティスやオープン標準、オープンソースのリファレンスアーキテクチャの開発や普及、広範なサポートのために設立されたこの非営利のアライアンスに新たに加入したのは、Cisco Systems、Antibiotic Research UK、インド南部のアーンドラ・プラデーシュ州政府、Scotiabankなどだ。

 EEAのメンバーとなった組織は、これで150を超えた。これまでに、Accenture、BP、Infosys、ING、Intel、J.P.Morgan、Mastercard、Microsoft、National Bank of Canada、Samsung SDS、Toyota Research Institute、UBS、Wiproなどが、2月に設立されたEEAに加入している。

 ブロックチェーンとは、仮想通貨「ビットコイン」の取り引きを促進するために概念化された、一種のデジタル台帳技術だ。ブロックチェーンを利用すればデジタル資産の追跡が可能となり、一定レベルの信頼とコンセンサスを構築できるほか、合意を得て成立したトランザクションの履歴も追跡できる。

 ビットコインのブロックチェーンは、デジタル通貨の所有者の追跡に利用されているが、Ethereumブロックチェーンは、カスタムビルドのブロックチェーンで、分散型アプリケーションのプログラミングコードの実行に焦点を当てている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]