MS、AI利用のクラウドベース脆弱性発見ツール「Security Risk Detection」発表

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2017年07月25日 10時53分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間7月21日、新たな脆弱性発見ツール「Microsoft Security Risk Detection」を発表した。このツールの目的は、脆弱性が攻撃者に悪用されないよう、その検出と除去を支援することにある。

 ファジングと呼ばれる手法を用いる同ツールは、Microsoft Researchにおいて10年以上前から「Project Springfield」という名称の下で開発が続けられていた。ファジングとは、プログラムに予測不能なさまざまな種類のデータを大量に入力し、不安定な状態へと導くことで、潜在的な脆弱性を見つけ出そうとする手法だ。Microsoftは、「Windows」や「Office」製品の深刻な脆弱性を発見するために、アップデートのリリース前にこのテクノロジを活用している。

 どの企業も多かれ少なかれソフトウェアを開発している昨今、Security Risk DetectionはProject Springfieldで実現された機能と同等のものを、Windowsベースのアプリケーションを開発している顧客にも提供するという製品だ。

 同テクノロジは一部の顧客やパートナー企業のみに提供されていたが、同社は2016年にProject Springfieldの成果を製品化する意向を明らかにし、「Microsoft Azure」ベースのプレビュー版アプリとして公開していた。

 Security Risk Detectionは今夏、Microsoft Servicesを通じてAzureサービスとして購入できるようになるという。価格についてはまだ明らかにされていない。Linuxアプリケーションのファズテスト用プレビュープログラムもリリースされる予定だ。

 マイクロソフトによると、このAzureベースのファジングサービスは、独自に人工知能(AI)を利用して、仮定したシナリオを提示し、深刻なセキュリティ脆弱性の原因となりうるものを絞り込むことで、脆弱性を特定するという。顧客が社内で開発したソフトウェアや、修正した既存のソフトウェア、オープンソースソフトウェアなどを精査するのに利用できる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算