編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

「Red Hat Enterprise Linux 7.4」、セキュリティやコンテナ、自動化機能など強化

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-08-02 11:55

 Red Hatは米国時間8月1日、同社の主力なエンタープライズ向けLinuxディストリビューション「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)の最新バージョンであるバージョン7.4の提供開始を発表した。

 主な新機能は以下の通りだ。

セキュリティ

  • 監査機能がアップデートされ、監査システムによって記録されたイベントのフィルタリングがシンプル化されたほか、重要イベントについて得られる情報が増え、大量の記録を解釈しやすくなった。
  • 危険なUSBデバイスからサーバを保護するためのLinuxのソフトウェアフレームワークである、「USB Guard」が統合された。
  • コンテナセキュリティ機能が強化された。「OverlayFS」で「SELinux」をサポートし、ファイルシステムの安全性を高めたのに加え、アクセスコントロールを細かく行えるようになった。

性能

  • NVMe Over Fabric」がサポートされ、EthernetやInfiniband上の高性能なNVMeストレージデバイスに柔軟にアクセスできるようになり、オーバーヘッドも軽減された。
  • 起動にかかる時間が短縮されたことにより、パブリッククラウドでミッションクリティカルなアプリケーションを早く起動できるようになった。また、「Amazon Web Services」(AWS)の「Elastic Network Adapter」(ENA)がサポートされた。

コンテナ

 RHEL 7.4には、「RHEL Atomic Host」の最新バージョンが含まれている。RHEL Atomic Hostは、安全で信頼できるコンテナ化アプリケーションをハイブリッドクラウドで利用するためのコンテナホストだ。コンテナ関連では次のような新機能が追加された。

  • SELinuxとOverlayFSのサポート、ストレージグラフドライバ「overlay2」のフルサポートにより、性能を犠牲にせずにセキュリティが向上した。
  • 「rpm-ostree」によるパッケージ階層化をフルサポートしたことで、ホストOSに監視エージェントやドライバなどのパッケージを追加する手段が提供された。
  • リブートなしでセキュリティアップデートやレイヤパッケージをインストールできるようにする「LiveFS」が、テクノロジプレビューとして導入された。

DevOps

 RHEL 7.4では、「RHEL System Roles」がテクノロジプレビューとして導入された。このDevOpsツールは、すべての主なバージョンのRHELに共通の管理インターフェースを提供する。これによって、システム管理者は大規模でヘテロジーニアスなRHEL環境で、「Ansible」の自動化を利用できるようになる。

複数のアーキテクチャをサポート

 Red Hatはデータセンターのインフラに関して顧客に選択肢を提供することを重視しており、RHEL 7.4でも複数のアーキテクチャがサポートされている。これには、「IBM Power」や「IBM z Systems」、64ビットARM(開発者向けプレビュー)が含まれる。

 これらの新機能は、RHELを物理サーバでも、コンテナでも、クラウドでも利用できるLinuxにすることを目指したものだ。RHEL 7.4は優れた企業向けLinuxに仕上がっていると言えるだろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  2. 運用管理

    ノーツを蘇らせた老舗メーカーの取り組み―Nomadの活用で働き方が変わり生産性・従業員満足度が向上

  3. 経営

    二人の先駆者が語る経営×IT--デジタル活用・DX推進のリーダーが握る企業競争力

  4. 経営

    3人の識者による金言・アドバイス--時代に負けない骨太な組織作りへの道

  5. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]