編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

レッドハットが「OpenShift Online」の新バージョンを発表

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-07-12 11:53

 Red Hatは米国時間7月11日、オープンソースのPaaSサービス「Red Hat OpenShift Online」(RHOO)の最新バージョンをリリースした。

 OpenShift Onlineはコンテナネイティブでマルチテナントのクラウドプラットフォームだ。RHOOでは、要求の変化に応じてアプリケーションのプロビジョニングや管理をする必要がないため、開発者はインフラの管理を気にせずに、コーディングや、新機能のプロトタイピングや、新たなアイデアへの取り組みなどに専念することができる。

 RHOOには、開発者が一般的な言語やプラットフォームでアプリケーションを開発するために必要なものがほとんど揃っている。例えばRHOOは、Java、Node.js、PHP、Python、Ruby、Perlを含む多数の言語に対応している。また、CakePHP、Dancer、Django、Node.js、Ruby on Railsなどの「OpenShift Quickstart」のアプリケーションテンプレートも利用でき、データベースサービスについても、MariaDB、MongoDB、MySQL、PostgreSQL、Redisをサポートしている。

 最新バージョンのRHOOでは、デプロイメントの単純化、自動スケーリング、S2Iを使用したビルド、IDEの統合、強力なミドルウェアサービスなどの新機能が提供される。

 RHOOには、次の2つのプランが用意されている

  • Starter:1Gバイトのメモリと1Gバイトのストレージが利用できる無料サービス。最大4つのサービスと2つまでのCPUコアを利用する、プロジェクト1つを作成できる。
  • Pro:リソースを追加できる有料サービスで、料金は使用するメモリまたはストレージ1Gバイトあたり50ドルからとなっている。また、Proプランには、一定期間の無料サポートが付属している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]